福地桃子:なにわ男子・大橋和也が13年片思いするヒロインに 中学生時代の撮影で「当時の気持ちを再確認」

7月スタートの連続ドラマ「消しゴムをくれた女子を好きになった。」でヒロインを演じる福地桃子さん(右)と主演を務める大橋和也さん(C)NTV・J Storm
1 / 2
7月スタートの連続ドラマ「消しゴムをくれた女子を好きになった。」でヒロインを演じる福地桃子さん(右)と主演を務める大橋和也さん(C)NTV・J Storm

 女優の福地桃子さんが、日本テレビの「シンドラ」枠(月曜深夜0時59分)で7月にスタートする連続ドラマ「消しゴムをくれた女子を好きになった。」に出演することが5月31日、明らかになった。ドラマは人気グループ「なにわ男子」の大橋和也さんが主演。福地さんは、主人公・福田悠(大橋さん)が13年間片思いするヒロイン・伊藤さとみを演じる。

 ドラマは、実話を基に“長すぎる片思い”を描く青春ラブストーリーで、原作は、FUKUDA(W)さんの同名小説(PHP研究所)。中学2年の時に、同級生のさとみに恋をした福田が、運命と呼びたくなるような再会と別れを繰り返しながら、片思いを続ける姿を描く。福田の親友・板倉和希役でなにわ男子の藤原丈一郎さん、森友彦役で関西ジャニーズJr.の人気グループ「Aぇ!(エエ) group」の小島健さんも出演する。

 さとみは天然キャラだが、頭が良く、実はしっかり者。中学3年生の文化祭で、福田とステージ発表を務めることになる、という役どころ。福地さんは「クランクインの最初が中学生時代のお芝居で、いかに当時が一瞬で過ぎ去ってしまった3年間だったか、楽しい日々だったか、あの時の気持ちを再確認しながらの撮影で、この先の高校生編、大学生編もきっと同じような事を考えるんだなと思うと、きっと視聴者の方にも共感していただけるドラマになると思っています」とコメント。

 「福田、板倉、森、私の13年間の青春物語でもあるので、彼らの13年を見守っていただきながら、視聴者の方々と一緒に成長していくような世界観を作れたらなと思っています」と話している。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事