恋マジ:“柊磨”松村北斗のフェースライン&喉仏! キスシーンに「角度が天才」「圧倒的美」「さすがキス職人」

連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」第7話のワンシーン=カンテレ提供
1 / 1
連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」第7話のワンシーン=カンテレ提供

 女優の広瀬アリスさんが主演の連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?(恋マジ)」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)の第7話が5月30日に放送された。柊磨(松村北斗さん)が純(広瀬さん)にキスをするシーンで、視聴者は「松村北斗はキスシーンの角度が天才なのよ」「圧倒的美」「フェースラインと喉仏よい!」と大興奮だった。

 同話では、閉店の危機にあるビストロフレンチ「サリュー」を、ギャルソンとして働く柊磨が買い取ることに。その借金を店の売り上げから返す条件で、柊磨は純たちの助けを借りながら、収益を上げるべく試行錯誤する。そんな中、自宅で話し合いをしていた柊磨と純。ふといい雰囲気になり、柊磨は純に口づけて……と展開した。

 柊磨を演じる松村さんは、9日に放送されたバラエティー番組「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系、月曜午後11時)で、占師の星ひとみさんからキスが「めちゃくちゃうまい」と占われていた。SNSでは「キスの仕方うますぎて感動した」「さすがキスがうまい男、松村北斗」「令和の大型新人キス職人の松村北斗さん」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事