竹内涼真:ドラマ「六本木クラス」で主演 髪形は完成まで4時間 大事にしているのはスタッフ、共演者との“人間関係”

テレビ朝日の木曜ドラマ「六本木クラス」で主演を務める俳優の竹内涼真さん
1 / 5
テレビ朝日の木曜ドラマ「六本木クラス」で主演を務める俳優の竹内涼真さん

 7月7日にスタートする連続ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、木曜午後9時)で主演を務める俳優の竹内涼真さん。ドラマは大ヒットした韓国ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」のリメークで、竹内さんが演じるのは、復讐(ふくしゅう)を誓って絶対的な権力者に立ち向かっていく主人公の宮部新。無愛想だが真っすぐな性格で、強い信念を持った青年だ。竹内さんに、オファーに「即答ではなかった気がします」という主人公役を受けた思いや今作にのぞむうえで大事にしていること、新役への意気込みなどを聞いた。

 ◇

 「六本木クラス」は、東京・六本木が舞台。韓国のマンガ「梨泰院クラス」を原作者のチョ・グァンジンさん自身が設定を日本に置き換え、マンガ配信サービス「ピッコマ」で掲載中の「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」が原作。日韓共同プロジェクトとして、ドラマ版「梨泰院クラス」の脚本担当のチョさんや、演出担当のキム・ソンユン監督らの協力により、ドラマ化が実現した。

 リメーク元の「梨泰院クラス」は2020年1~3月に韓国で放送。絶望のふちに立たされた青年が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく、仲間と共に立ち向かう“下克上”を描いており、同年3月から動画配信サービス「Netflix」で配信され、日本でもブームになった。竹内さんは「ドラマ好き、映画好きの人はみんな『梨泰院クラス』の話をしていて、僕もそうでした」と振り返り、「それぞれの人柄と人間関係の模様がすごくユニーク。見ていて感情が揺さぶられるし、感動もする。いろんなエンターテインメントが詰まった作品ですよね。だから国をまたいでヒットしたんだと思う。率直に面白かったです」と感想を語る。

 今回の話を聞いたときは「こんなに早くリメークするんだ、とびっくりしました」と驚いたという。主演のオファーについては「『なんで僕なんだろう』と、いろいろ考えて。でも、たまたま目の前にすごく大きなチャンスが来て、僕を推薦してもらえるなら……。『梨泰院クラス』は内容がすてきで面白いので、その一部になれるならぜひ参加したい、と思いました」と決心したと明かす。

 大ヒットドラマのリメークゆえ注目度も高いが、「『プレッシャーを全然感じない』と言ったらうそになりますけど、でも作品にインするときには、そういうものは捨てるようにしています」と竹内さん。「プレッシャーを感じながらやった方がいい作品ができるかというと、そうではないですし。一番大事なのは、スタッフや共演者の皆さんといかにいいコミュニケーションをとりながら、全員で同じ方向を向いて作っていくかだと思う」とし、「いろんな方と現場をやっていく中で、僕とその人にしか生まれない人間関係が生まれると思うんです。それが楽しみで、そうやって日本版の『六本木クラス』という作品ができあがっていくと思います」と力を込める。

 そう竹内さんが共に演じることを「楽しみ」という共演者には、新が店長を務める六本木の居酒屋「二代目みやべ」で働く葵役で平手友梨奈さん、新の転校先のクラスメートの優香役で新木優子さん、日本最大の外食産業「長屋ホールディングス」会長の長屋茂役で香川照之さんが決まっている。

 平手さんとは、クランクイン前は衣装合わせの際に一度だけ会ったといい、「欅坂46で、(NHK)紅白歌合戦のときにセンターで思いっきり踊っている印象が強いです。あれだけの集中力があり、一瞬の感情の爆発というか、そういうエネルギーを持っている方なので、これから一緒に熱いお芝居をするのが楽しみです」とコメント。新木さんはクランクイン初日に会い、「すごく意志がハッキリしている人。サバサバして頭の回転が速く、優香役に合っているなと思いました。どんどん役がリンクしていくのが楽しみです」と印象を明かす。また、香川さんについては「僕、『日曜劇場』には何回か出演しているんですけど、香川さんとはいつもご一緒できなかったんです。やっとご一緒できて、すごくうれしいです」と共演を喜ぶ。

 ◇宮部新は「コンプレックスを克服していく」役 髪形にもこだわり

 竹内さんが演じる主人公・宮部新は、人間関係に不器用で無愛想だが、真っすぐな性格で、父から教えられた「信念を持って生きよ」を貫く人物だ。

 竹内さんに役の印象を尋ねると、「すごくコンプレックスがある人間だと思っています」といい、「人生を歩んでいく中で、あえて壁にぶつかりながらコンプレックスを乗り越えていこうとしている。もちろん復讐の物語であるとか、人によって見方は違うと思うけど、僕は宮部新が自分の嫌いな部分、コンプレックスに思っている部分を最終話までに克服していく、そういう役だという捉え方をしています」と説明。「彼が降りかかってくるさまざまな困難にどのように打ち勝ち、人間くさくもがいていくのか……それが一番面白いところかなと思います」と見どころを語る。

 「梨泰院クラス」の主人公パク・セロイは髪形が特徴的だったが、竹内さんも原作のビジュアルを大事にしつつ、スタッフとも相談を重ねて髪形を決めていったという。

 「『六本木クラス』というマンガの原作のビジュアルと、あとはプロデューサーのみなさんと相談をして、切っていきました。4時間ぐらいかかりましたね。“宮部新”という人間を突き詰めて切っていったらこうなった、という感じです」と竹内さん。「ドラマは高校時代から始まるので、校則に引っかからないように。あまり(おしゃれな)デザインにし過ぎると、『本当に警察官を目指している高校生なの?』という違和感も出ちゃうので……『六本木クラス』という作品に一番なじむ髪形がこれなのかな、と。坊主にしてみようかなと思ったんですが、戻れないので(笑い)。髪形はいろいろ相談した結果ですね」と打ち明ける。

 ドラマについて、竹内さんは「一番見てもらいたいのは、東京の六本木という地で、街中で撮影できる醍醐味(だいごみ)ですね。東京のど真ん中の地名が題名になることってなかなかないんです。東京のど真ん中で、大変なロケをしていくということが挑戦」といい、「東京の夜のネオン、光は、やっぱり東京にしかないものもある。美しさもあり、ちょっと怖さもあり……忙しく人が流れる中で、キャラクターが楽しく一生懸命生き抜いている姿が面白いんじゃないかなと思います」と見どころを語る。最後に改めて意気込みを聞いてみると、「一生懸命頑張るだけです! スタッフや共演者のみなさんと面白い作品を作るため、毎日撮影頑張ります!」と力強く語った。 

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事