綾瀬はるか:「元彼の遺言状」クランクアップ “相棒”大泉洋ぼやく「あしたからお通夜みたいな現場に」

連続ドラマ「元彼の遺言状」のクランクアップを迎えた綾瀬はるかさん(左)と大泉洋さん (C)フジテレビ
1 / 3
連続ドラマ「元彼の遺言状」のクランクアップを迎えた綾瀬はるかさん(左)と大泉洋さん (C)フジテレビ

 女優の綾瀬はるかさんがこのほど、6月20日に最終話(第11話)が放送されるフジテレビ系“月9”ドラマ「元彼の遺言状」(月曜午後9時)のクランクアップを迎えた。主人公の剣持麗子を演じた綾瀬さんは、麗子の相棒・篠田敬太郎役の大泉洋さんに向かって「たくさん笑いましたね」と笑顔を見せると、まだ撮影が残っている大泉さんは「こんな面白い人がいなくなっちゃって……。あしたからお通夜みたいな現場になっちゃうな」とぼやき、周囲の笑いを誘った。

 クランクアップした綾瀬さんは「一足先に終わってしまいました……うふふ(笑い)。現場はいつも楽しかったです。しのぴー(大泉さん)とか監督とか、そして助監督の皆さんも面白い方ばかりで、楽しくて、いつもあっという間に時間が過ぎていくなと思っていました」と楽しそうに撮影を振り返った。

 原作は2021年の第19回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた新川帆立さんの同名小説(宝島社)。敏腕弁護士・麗子が、篠田と共に数々の謎を解くリーガルミステリー。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事