鎌倉殿の13人:“頼朝の甥”一条高能が登場 木戸邑弥が大河デビュー 南沙良“大姫”との間で縁談

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第24回に登場する一条高能(木戸邑弥さん) (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第24回に登場する一条高能(木戸邑弥さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第24回「変わらぬ人」が6月19日に放送される。同回には、木戸邑弥さんが演じる一条高能(いちじょう・たかよし)が登場する。

 一条高能は源頼朝(大泉洋さん)の甥(おい)。頼朝の愛娘・大姫(南沙良さん)との間で縁談が進められる。

 木戸さんは、自身の公式ツイッターで、「木戸邑弥、大河デビューです!! 少しの撮影でしたが、とてもすてきな空間で撮影させていただき感謝です。すでにたくさんの方がご覧になられている作品だと思いますが、ぜひ見てください」とアピールしていた。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事