ちむどんどん:珍しく謝罪も ニーニーに恋の予感? 清恵に視聴者は「ほんとやめておけ!」

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第55回の一場面(C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第55回の一場面(C)NHK

 黒島結菜さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第55回が6月24日に放送され、ヒロイン一家の長男(ニーニー)・賢秀(竜星涼さん)に対して、視聴者から「ニーニーも恋の予感」「ついにニーニーも恋!?」などと注目が集まった。

 怪しげな「紅茶豆腐」ビジネスで失敗した賢秀。「猪野養豚場」に舞い戻り、しばらく働いていたが、養豚場の娘・清恵(佐津川愛美さん)と顔を合わせる度に口論を繰り返す日々を送る。ある時、清恵が見合い相手の写真を見ていたところを「お前みたいな女が嫁に行けるわけない」とバカにし、一方の清恵も「あんたの嫁にだけは絶対ならないから安心して」と言い返したことで、ケンカとなり、賢秀は再び養豚場を去った。

 第55回では、就職活動に失敗してた賢秀が養豚場に戻った。苦労しながら大きな荷物を運ぶ清恵の姿を見ると、代わりに荷物を持ち上げ、「無理するな」と気遣う賢秀。清恵が「何しに帰ってきたのよ」と気まずそうに言うと、賢秀は真剣な表情で「この間はごめん。言いすぎた」と謝罪した。

 珍しい賢秀の謝罪に、清恵は「そんなこと言うためにわざわざ?」と驚く。すると、賢秀は頭をかきながら、「実は就職活動がなかなかうまくいかないで。金はないし、腹が減って、腹が減って。とにかく腹が減って……」といつもの調子に戻る。

 清恵は「そんなことだろうと思ったよ」とあきれながらも、「(仕事が)済んだら台所に来な。芋の煮っころがし余ってるから」といい、去り際に「この間は私もごめん」と謝る。

 「謝りよった……」と驚く賢秀。そこに、清恵の父・寛大(中原丈雄さん)がやってくると、清恵が見合いを断ったことを明かし、「誰か気になる男でもいるのかねぇ」と思わせぶりにつぶやいた。

 SNSでは「珍しー! ニーニーが謝った」「養豚場で恋の予感?」といった声が上がる一方で、「清恵ちゃん!!その男だけは絶対にダメよ!!!」「清恵ちゃん賢秀はほんとやめておけ!」「ギャンブルと借金癖があるから苦労するよ」「見た目と性格は悪くはないんだけど……究極のダメ男だよーw」といったコメントも見られた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事