探偵!ナイトスクープ:生きたミルワームが怖い ハリネズミカフェオーナー、餌やりに悪戦苦闘

「探偵!ナイトスクープ」の「生きたミルワームが怖い」のワンシーン=ABC提供
1 / 3
「探偵!ナイトスクープ」の「生きたミルワームが怖い」のワンシーン=ABC提供

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが局長を務める人気バラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」(ABC、金曜午後11時17分)。7月1日の放送は、橋本直探偵が「生きたミルワームが怖い」を調査した。

 依頼人は、大阪府の女性(30)。ハリネズミが好きすぎて、今春「ハリネズミふれあいカフェ」をオープンさせた依頼人だが、大問題が発生した。ハリネズミは、おやつにミルワームと呼ばれる生きた虫を食べる。他の店では普通、客がふれあいの一つとして、ハリネズミに生きたミルワームを食べさせてあげるのだが、依頼人は生きた虫が怖いという。仕方なく今は乾燥した虫で対応しているが、それすらも素手では触ることができない。

 訪れた客は「この店は乾燥ミルワームなんやね~」と残念がる。カフェオーナーとして、エサに近寄ることすらできないのが情けない。どうか、生きたミルワームを涼しい顔で触れるようにしてほしい、というもの。依頼を受けた橋本探偵もミルワームに大騒ぎする。

 このほか、竹山隆範探偵が「夢に出てきた親友はいま?」、石田靖探偵が「コンビニで満腹になるまで食べたい」を調査した。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事