THE仮面ライダー展:“エグゼイド”飯島寛騎が“故郷”札幌会場のスペシャルアンバサダーに

「生誕50周年記念 THE仮面ライダー展」の「北海道スペシャルアンバサダー」を務める飯島寛騎さん
1 / 2
「生誕50周年記念 THE仮面ライダー展」の「北海道スペシャルアンバサダー」を務める飯島寛騎さん

 2016~17年に放送された「仮面ライダーエグゼイド」で主人公の・仮面ライダーエグゼイド/宝生永夢(ほうじょう・えむ) 役を演じた俳優の飯島寛騎さんが、8月5日から札幌市で開催される「生誕50周年記念 THE仮面ライダー展」の「北海道スペシャルアンバサダー」を務めることが7月11日、明らかになった。北海道出身の飯島さんは、「学生時代の思い出のあるサッポロファクトリーにて50年の集大成という貴重なイベントに携われることをうれしく思います!」と語っている。

 同展覧会は、2021年に50周年を迎え、昭和、平成、令和と三つの時代を通して描かれてきた仮面ライダーの魅力をさまざまな角度から紹介。テレビ、映画の撮影で実際に使用された小道具や、本展のために「復刻再現」された劇中アイテムなど、500点以上が展示される。3~4月に金山南ビル(名古屋市中区)、4~5月にJR九州ホール(福岡市博多区)で開催され、8月5~16日にサッポロファクトリーホール(札幌市中央区)で開催される。今後は、東京での開催も予定している。

 北海道スペシャルアンバサダーに就任した飯島さんは、今後、開催地の札幌での宣伝キャンペーンに参加するほか、テレビ出演やメディア取材などで「THE仮面ライダー展」の魅力をアピールしていく。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画