神尾楓珠:「オールドルーキー」にサプライズ出演 FC東京所属のサッカー選手役

ドラマ「オールドルーキー」に出演する神尾楓珠さん(C)TBS
1 / 1
ドラマ「オールドルーキー」に出演する神尾楓珠さん(C)TBS

 俳優の神尾楓珠さんが、7月24日に放送された綾野剛さん主演の連続ドラマ「オールドルーキー」(TBS系、日曜午後9時)の第4話のラストにサプライズ登場した。神尾さんは、FC東京に所属するJリーガーの伊垣尚人役を演じ、31日放送の第5話で新町(綾野さん)にマネジメントを依頼する。

 伊垣は、人気も実力もあり、日本サッカー界の将来を背負って立つ存在で、現役時代の新町と同じポジションの選手。神尾さん自身もサッカー経験者で、一時はプロを目指そうとしていたというほどの実力があり、そのプレーシーンにも期待が集まる。

 第4話は、伊垣が切羽詰まった表情で新町に連絡をする……というところで伊垣の真意は分からないまま放送を終えた。

 日曜劇場初出演の神尾さんは「まさか、自分が出演できるとは思っていなかったので驚きました。これまでも何度か作品でサッカーを披露したことはあり、子どもの頃の夢はサッカー選手でした。現実ではなれなかったのですが、役を通してサッカー選手として生きられることが楽しみです」とコメント。続けて、「以前から綾野剛さんとお芝居をしてみたいと思っていたので、ご一緒させていただけるのがとても光栄です」と語った。

 ドラマは、引退したサッカー元日本代表・新町が、スポーツマネジメント会社「ビクトリー」に勤めてセカンドキャリアを歩む姿を描くオリジナル作品。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画