仮面ライダーゲンムズ:岩永徹也が語る檀黎斗 「スマートブレインと1000%のクライシス」のビジュアルコメンタリーがTTFCで

「仮面ライダーゲンムズ スマートブレインと1000%のクライシス」のビジュアルコメンタリー(C)東映特撮ファンクラブ (C)石森プロ・東映
1 / 3
「仮面ライダーゲンムズ スマートブレインと1000%のクライシス」のビジュアルコメンタリー(C)東映特撮ファンクラブ (C)石森プロ・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」(2016~17年)のスピンオフ「仮面ライダーゲンムズ」の第2弾「スマートブレインと1000%のクライシス」で、檀黎斗(だん・くろと)役の岩永徹也さんによるビジュアルコメンタリーが、アプリサービス「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」で8月11日から配信されることが明らかになった。

 「スマートブレインと1000%のクライシス」では、ゲーム病を克服した天津垓(桜木那智さん)が、ある目的のためにプレジデントプログライズキーを使い、ヒューマギアに幻夢コーポレーションの社長業をラーニングさせた。予測通り、ヒューマギアに檀黎斗(岩永さん)のバグスターウイルスが感染し、檀黎斗が復活。垓は黎斗に復活させた目的を伝えようとするが、黎斗は全く聞く耳を持たない。垓は目的を達成するため、新しいドライバーを手にする……というストーリー。9月11日に次の展開があることも発表された。

 ビジュアルコメンタリーでは、ヒューマギア化した檀黎斗の役作り、天ヶ崎恋役の小手伸也さん、厘役の新井舞良さんといった共演者やロケ地での思い出について岩永さんが語るほか、自身にとっての檀黎斗がどういう存在なのかも明かされる。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事