鎌倉殿の13人:比企尼「頼朝様に似てますねえ」は伏線か 善哉にかけた言葉に視聴者ザワつく

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第31回の一場面 (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第31回の一場面 (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第31回「諦めの悪い男」が8月14日に放送され、比企尼(草笛光子さん)が善哉(長尾翼君)にかけた言葉に視聴者の注目が集まった。

 第31回では、源頼家(金子大地さん)の後継者をめぐり、激しさを増す北条と比企の争いと、その顛末(てんまつ)が描かれた。

 善哉は頼家の次男で、母はつつじ(北香那さん)。比企館で女たちが談笑しているシーンで、比奈(堀田真由さん)が「この子(善哉)はこの先、どうなるのですか」と尋ねると、道(堀内敬子さん)は「八幡宮で神仏にお仕えしてもらいましょう」と考えを明かす。すると、比企尼がそばへとやってきた善哉を「あっ、ちょっと待って」と呼び止め、「あなた、お鼻のあたりが、頼朝様に似てますねえ」と、どこかうれしそうに顔をつつく……と展開した。

 善哉は後の公暁であることから、SNSでは視聴者が即反応。「比企尼に頼朝と似ていると言われていた善哉って公暁だよね…」「善哉に頼朝に似ているといったのも何かの伏線っぽい」「比企尼が何気なく善哉に言った『頼朝様に似ている』。これが後に善哉の呪縛になっていくのだろうか」「善哉は、この時の比企尼の『あなたは頼朝様に似ている』をずっと覚えているのかなぁ」「頼朝様に似てるって善哉様に言うあたり、完全にフラグなんだよな」とザワついた。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事