六本木クラス:第12話 新と長屋茂が再会 株主総会は衝撃の結果

連続ドラマ「六本木クラス」第12話の一場面(C)Kwang jin/tv asahi
1 / 3
連続ドラマ「六本木クラス」第12話の一場面(C)Kwang jin/tv asahi

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第12話が9月22日に6分間拡大で放送される。

 2022年、新(竹内さん)率いる「RC」は大企業に成長していた。しかし、依然として飲食業界のトップに君臨するのは「長屋ホールディングス」。新たちは、葵(平手友梨奈さん)を長屋の社外取締役に就任させる作戦に出た。

 一方、長屋ホールディングスの臨時株主総会当日。これまで働き詰めだった葵が体調を崩し、倒れてしまう。葵不在で長屋へ向かった新は、病ですっかり変わり果てた長屋会長・茂(香川照之さん)と再会する。

 礼を述べてくる茂に、不気味さを感じる新。そして開票発表、新はその結果に衝撃を受ける。

 新は、病室にいる葵たちにも結果を伝える。葵はそれを聞いて、すぐに起き上がろうとするが、新は怒ったように制止する。どこか様子の違う新を見た亮太(中尾明慶さん)は、新に“あること”を伝えてから店へ向かう。病院を出た亮太は、見覚えのある車が停(と)まっていることに気づく……。

 原作は、大ヒット韓国ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」の原作(マンガ)を日本の設定に置き換え翻案したチョ・グァンジンさんのマンガ「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」。ドラマは全13話。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事