注目アニメ紹介:「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」 破滅フラグ回避のため魔王を攻略! “なろう系”人気ラノベ原作

「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」の一場面(C)永瀬さらさ・紫真依/KADOKAWA/悪ラス製作委員会 2022
1 / 16
「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」の一場面(C)永瀬さらさ・紫真依/KADOKAWA/悪ラス製作委員会 2022

 小説投稿サイト「小説家になろう」などで人気の“悪役令嬢”ライトノベルが原作のテレビアニメ「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」が、10月1日からTOKYO MX、MBSほかで順次、放送される。乙女ゲームの悪役令嬢に転生したヒロインが待ち受ける破滅フラグを回避するためにラスボスの魔王・クロードを攻略して恋人にしようと奮闘する。

 「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」は、永瀬さらささん作、紫真依さんイラストのライトノベル。公爵家の一人娘のアイリーンは、婚約を破棄されたショックで前世の記憶を取り戻す。ここは前世でハマった乙女ゲーム「聖と魔と乙女のレガリア」の中であり、自分はゲームのヒロインの恋路を邪魔する悪役令嬢であることに気づく。

 前世の記憶通りであれば、この先にアイリーンを待つのは破滅ルートだけ。そこでアイリーンは、破滅フラグの起点であるラスボスの魔王・クロードを攻略して恋人にし、フラグを回避しようとする。一発逆転を目指し、幸せをつかみ取るためのアイリーンの奮闘が描かれる。

 「Re:ゼロから始める異世界生活」などの高橋李依さんがアイリーン・ローレン・ドートリシュ、「ゴブリンスレイヤー」などの梅原裕一郎さんがクロード・ジャンヌ・エルメイアを演じ、声優として福山潤さん、小野友樹さん、杉田智和さん、花澤香菜さんが出演する。「100万の命の上に俺は立っている」などのMAHO FILMが制作する。

写真を見る全 16 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画