映画興行成績:「ONE PIECE FILM RED」V9 相葉雅紀主演「“それ”がいる森」、阿部サダヲ主演「アイ・アム まきもと」初登場

劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」のビジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
1 / 1
劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」のビジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

 10月3日に発表された1、2日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督)が9週連続で首位を獲得した。土日2日間で約27万3000人を動員し、興行収入は約3億4200万円を記録。累計では、動員が約1169万人、興行収入が約162億4700万円を記録している。

 初登場作品では、相葉雅紀さん主演の「“それ”がいる森」(中田秀夫監督)が4位にランクインした。土日2日間で約9万9000人を動員し、興行収入は約1億2400万円を記録。公開初日の9月30日から3日間の累計では、動員約12万9000人、興行収入約1億6500万円を記録している。阿部サダヲさん主演の「アイ・アム まきもと」(水田伸生監督)は6位スタートを切った。

 累計成績では、3週連続で2位をキープした「沈黙のパレード」(西谷弘監督)が動員142万人を突破し、興行収入は20億円に迫っている。3位の劇場版アニメ「映画デリシャスパーティ プリキュア 夢みる お子さまランチ!」(座古明史監督)は、動員46万人、興行収入5億円を突破した。公開19週目を迎えた7位の「トップガン マーヴェリック」(ジョセフ・コシンスキー監督)は、動員が810万人に迫り、興行収入は130億円を突破している。

 1位 ONE PIECE FILM RED
 2位 沈黙のパレード
 3位 映画デリシャスパーティ プリキュア 夢みる お子さまランチ!
 4位 “それ”がいる森
 5位 劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ
 6位 アイ・アム まきもと
 7位 トップガン マーヴェリック
 8位 ヘルドッグス
 9位 HiGH&LOW THE WORST X
 10位 アバター:ジェームズ・キャメロン 3Dリマスター

アニメ 最新記事