親愛なる僕へ殺意をこめて:遠藤憲一が山田涼介の優しい“義父”に 息子同然の愛情

10月5日に始まる連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」で浦島亀一を演じる遠藤憲一さん=フジテレビ提供
1 / 1
10月5日に始まる連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」で浦島亀一を演じる遠藤憲一さん=フジテレビ提供

 人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん主演の連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(フジテレビ系、水曜午後10時)が10月5日に始まる。原作は累計発行部数120万部を突破した井龍一(いのりゅう・はじめ)さん作・伊藤翔太さん画の同名マンガ(講談社)。自分は二重人格と知った大学生のエイジ(山田さん)が、「もう一人の自分」が殺人を犯しているかもしれないと不安に駆られ、真相を明らかにしようとする姿を描くサスペンス。

 ここでは、遠藤憲一さんが演じる浦島亀一を紹介する。

 ◇警察に疑われるエイジを信じ続ける

 亀一はエイジの優しい義父。エイジの実父で連続殺人事件容疑者の“LL”こと八野衣真(早乙女太一さん)の保護司だったことから、養護施設にいたエイジを引き取り、息子同然に愛情を持って育てる。LL模倣事件発生後も、警察に疑われるエイジを信じ続ける。

 ◇初回ストーリー

 明京大学2年生のエイジは「人生楽しんだ者勝ち」と気楽な学生生活を送っていた。だが、実は秘密があった。15年前に日本中を震撼(しんかん)させた連続殺人事件=通称「LL事件」の容疑者がエイジの父・八野衣真だった。

 ある日、畑葉子という女性の惨殺死体が河川敷で発見される。殺害方法はLL事件と酷似した残酷なものだった。かつてLL事件を捜査した警視庁管理官・猿渡敬三(高嶋政宏さん)は、部下の桃井薫(桜井ユキさん)らに捜査を指示する。

 朝、エイジは偶然、自宅押し入れの天袋から1万円札が落ちてくるのを発見する。天袋を開けると、バッグに入った大量の札束と、スマートフォン1台があった。不審に思いつつ大学へ向かったエイジは、知らない間に3日間も寝込んでいたと知る。しかもその間、エイジは恋人の雪村京花(門脇麦さん)や友人らにSNSで連絡していたが、身に覚えがなかった。

 記憶の飛んだ3日間は、葉子の失踪日から遺体で発見されるまでの期間でもあった。桃井にその話を聞かされて動揺するエイジ。桃井は「畑葉子はお前の彼女だよな?」と、エイジが喫茶店で葉子と会っていた映像も突きつける。

 そんな中、エイジの元に、半グレ集団「スカル」のリーダー“サイ”こと佐井社(尾上松也さん)から連絡が。サイは葉子の働くデートクラブ「アリス」を運営していて……。

テレビ 最新記事