舞いあがれ!:4日午前8時の放送中止 第2、3回連続で5日午前8時から放送

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」のポスタービジュアル(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」のポスタービジュアル(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」の4日午前8時から放送予定だった第2回が、北朝鮮ミサイル関連ニュースのため中止になった。NHKによると、休止となった第2回は5日午前8時から放送。続けて第3回を5日8時15分から放送するという。BSプレミアムは第2回を5日午前7時半から、第3回を午前7時45分から放送。総合の4日午後0時45分からの再放送は予定通り放送。

 「舞いあがれ!」は、ヒロインの舞が、ものづくりの町・東大阪と、自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人と絆を育みながら、空を飛ぶ夢に向かっていく挫折と再生を描く。脚本はNHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」などで知られる桑原亮子さんが手掛ける。

 第2回は、逃げたウサギを探すために走り回った舞(浅田芭路ちゃん)が熱を出してしまい、浩太(高橋克典さん)とめぐみ(永作博美さん)は病院へ連れていく。そこで医師から環境をかえることを勧められる。舞の病状にめぐみは心身が疲れ果て、それを気遣う浩太は、舞をめぐみの母・祥子(高畑淳子さん)のもとへ連れていくことを提案する。祥子とは長年顔を会わせていないめぐみは、考え込む。

 第3回は、舞とめぐみが五島列島に行くことになる。めぐみにとっては15年ぶりのふるさとで、フェリーを降りると祥子が迎えに来ていた。舞にとっては初めての祖母との出会いだが、言葉の少ない祥子を何か怒っていると感じる。めぐみの生まれ育った家に着くと、舞は知らなかった母の一面を垣間見る。そこへ、めぐみの幼なじみ・信吾(鈴木浩介さん)が現れる……という展開。

テレビ 最新記事