清原果耶:瀬戸康史&及川光博が翠の瞳の“魔性ぶり”絶賛で照れ笑い 魅力の自覚は「あるわけない」

連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠(ひすい)」の記者会見に登壇した清原果耶さん
1 / 11
連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠(ひすい)」の記者会見に登壇した清原果耶さん

 女優の清原果耶さんがこのほど、東京都内で行われた、10月16日にスタートする連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠(ひすい)」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の記者会見に、及川光博さん、瀬戸康史さん、小芝風花さんと登場。カラーコンタクトで翠色の瞳を持つ翡翠を再現している清原さんに、瀬戸さんは「見つめられるとちょっと変な感じになる」、及川さんも「5秒以上目が合わせられない。見つめられると片膝でひざまずきたくなっちゃう」と不思議な魅力を絶賛。MCからそういった魅力を放っている自覚があるか聞かれた清原さんは、「あるわけないじゃないですか(笑い)。そう言ってくださってありがとうございます。うれしい」と照れ笑いを浮かべていた。

 ドラマは、相沢沙呼さんの人気小説「medium 霊媒探偵城塚翡翠」(講談社文庫)が原作。霊視により事件の犯人を特定できるヒロインの翡翠が霊視能力を駆使し、難事件を解決に導く。歌手で俳優の福山雅治さんが主題歌を担当することが発表されている。

 霊媒師として降霊シーンも見どころの一つだが、清原さんは「まず私が降霊というものをやったことがないので。どう芝居の表現としてアプローチしていくか迷ったシーンでもあります」とちゃめっ気たっぷりにコメント。

 ここで瀬戸さんから「降霊って役を演じるのとは違うんですか」と質問され、清原さんは、「感触としてはコンテンポラリーダンスを踊っているような」と意外な回答。その理由を、「監督に『こういうイメージです』と言われてやってみたら、腑に落ちた動きがそれでした。そこに降霊されている人物の表情を乗せていくので役を演じるのとは違った複雑さ」と説明し、「どう動いたら(霊が)降りてきたっぽいか試行錯誤したので、ぜひ見ていただきたい」とアピールしていた。

 また共演者の意外な一面として、及川さんが清原さんについて、「カメラのセッティングチェンジの間、僕が退屈しのぎにあたりまえ体操を踊っていたら、それを見ていた果耶ちゃんが付き合ってくれた」と告白。清原さんは、「楽しかったです。及川さんが踊っていると思って、思わず踊りたくなっちゃいました」と笑顔で話していた。

写真を見る全 11 枚

テレビ 最新記事