ブラッククローバー 魔法帝の剣:劇場版が2023年3月31日公開 魔法帝のオリジナルストーリー 関俊彦が先代魔法帝に

「ブラッククローバー 魔法帝の剣」のティザービジュアル(C)2023「映画ブラッククローバー」製作委員会(C)田畠裕基/集英社
1 / 3
「ブラッククローバー 魔法帝の剣」のティザービジュアル(C)2023「映画ブラッククローバー」製作委員会(C)田畠裕基/集英社

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の田畠裕基さんのマンガが原作のアニメ「ブラッククローバー」の劇場版アニメのタイトルが、「ブラッククローバー 魔法帝の剣」に決まり、2023年3月31日に公開されることが分かった。Netflixでも全世界に向けて配信される。

 劇場版は、原作では描かれていないオリジナルストーリーで、原作者の田畠さんが総監修、キャラクター原案を担当する。原作では明かされなかった魔法帝の物語が描かれ、田畠さんがデザインした劇場版のオリジナルキャラクターの先代魔法帝のコンラートが登場する。関俊彦さんがコンラートの声優を務める。

 田畠さんが描き下ろしたティザービジュアルも公開された。主人公・アスタが描かれ、「諦めないのがオレの魔法だ」という力強いメッセージが添えられている。コンラートが登場する特報映像も公開された。コンラートの「今日俺は……この国を変える」と意味深な発言が飛び出し、最後にアスタが「諦めないのがオレの魔法だ!!!」と闘志を燃やす姿が描かれている。

 田畠さんは「ついに映画ブラクロのビジュアルと特報が解禁されたみたいです!! 今回の映画は原作でやるか悩んでいた、“魔法帝“を描く物語を映像化してもらいました! 『原作でやらないんだコレ』という物語ですが、アスタたちと強敵たちの大規模でド派手なバトルを楽しめる映画になると思います! 今、種村(綾隆)監督をはじめとしたスタジオぴえろさんが総力を挙げて制作してくださってます……!! ありがとうございまぁぁぁす!!! 来年3月をお楽しみに!!! 僕も楽しみです!!!」とコメントを寄せている。

 「ブラッククローバー」は、魔法が存在する世界を舞台に、生まれながらに魔法が使えない少年アスタが、魔法帝を目指す姿を描いている。原作は「週刊少年ジャンプ」で2015年に連載をスタート。コミックスのシリーズ累計発行部数は1700万部以上。テレビアニメが2018年10月~2020年4月に放送された。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:種村綾隆▽キャラクターデザイン:竹田逸子▽音楽:関美奈子▽脚本:ジョニー音田、折井愛▽制作:studioぴえろ▽製作:映画ブラッククローバー製作委員会▽配給:松竹ODS事業室

 ◇スタッフ(敬称略)

 アスタ:梶原岳人▽ユノ:島崎信長▽ヤミ:諏訪部順一▽ノエル:優木かな▽コンラート:関俊彦

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事