PICU:高杉真宙が吉沢亮の幼なじみで親友に 救命医として孤軍奮闘

ドラマ「PICU 小児集中治療室」に出演する高杉真宙さん(C)フジテレビ
1 / 1
ドラマ「PICU 小児集中治療室」に出演する高杉真宙さん(C)フジテレビ

 俳優の吉沢亮さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「PICU 小児集中治療室」(月曜午後9時)が10月10日に始まる。脚本は「アライブ がん専門医のカルテ」などの倉光泰子さん。広大過ぎるため、一刻を争う「大規模PICU(小児集中治療室)の運営は困難」と言われる北海道を舞台に、駆け出し小児科医・志子田(しこた)武四郎(吉沢さん)が子供たちのため奮闘する姿を描く。初回は30分拡大放送。

 ここでは、高杉真宙さん演じる矢野悠太を紹介する。

 ◇武四郎の良き理解者 誰にも言えない秘密を抱える

 武四郎の幼なじみで親友。医大卒業後は地元札幌を離れ、網走で救命医として孤軍奮闘している。武四郎から悩み相談の電話がかかってくる度「武四郎ならできるよ、頑張れ」と励ましてくれる良き理解者で頼りになる存在。子供の頃から周囲の人間に慕われていた。誰にも言えない秘密を抱えている。

 ◇初回ストーリー

 武四郎は丘珠病院に新設されたPICUへ異動。PICUの整備を日本各地で推進してきた小児集中治療のパイオニア・植野元(安田顕さん)と出会う。

 3年前、道内で起きた悲劇を契機に、北海道知事の鮫島立希(菊地凛子さん)が植野を訪ねてPICU整備を依頼。その際、植野はある条件を提示し、鮫島は近い将来必ず実現させると約束した。

 3年後にようやく設立されたPICU。だが、集まったスタッフは植野、武四郎のほか、植野と行動を共にしてきた優秀な看護師・羽生仁子(高梨臨さん)と、植野に誘われてやってきた救急救命医の綿貫りさ(木村文乃さん)の2人だけだった。その事実に、口が悪く横柄なりさは「初期研修を終えたばかりの未熟な小児科医は使いものにならない」と武四郎を非難する。

 そんな折、発症から4時間も経過した少女がPICUへ運び込まれ……。

テレビ 最新記事