横浜流星:主演映画「線は、僕を描く」撮影地に近い大阪で舞台あいさつ「おおきに」

大阪市内で映画「線は、僕を描く」公開記念イベントに出席した横浜流星さん(左)と清原果耶さん
1 / 11
大阪市内で映画「線は、僕を描く」公開記念イベントに出席した横浜流星さん(左)と清原果耶さん

 俳優の横浜流星さんと女優の清原果耶さんが10月24日、TOHOシネマズ梅田(大阪市北区)で開催された映画「線は、僕を描く」(小泉徳宏監督)の公開記念舞台あいさつin大阪に出席。主演の横浜さんは、水墨画をテーマにした今作への思いや、おもに滋賀県で行われたロケの思い出などを語り、最後には「おおきに」と関西弁も飛び出した。

 本編の上映後に、小泉監督と、横浜さん、清原さんが登場。横浜さんは開口一番「コロナ禍がちょっと落ち着いて、大阪で舞台あいさつができて、本当にうれしいです」と喜びを表現。さらに「映画を見終わった後に、皆さんが拍手してくださって、本当にうれしい気持ちになりました。それぞれ受け取り方は違うと思うので、今皆さんが思っていることを大事にしてほしいです」と観客に呼びかけた。

 おもなロケ地は滋賀県で、横浜さんは「撮影は、ご飯が潤っていましたね。いろいろ食べましたけど、近江牛がおいしかったです」と、印象を語った。

 記憶に残る撮影として、地元の食材を収穫して回るシーンに触れて「地元の(滋賀県の)方々が協力して、出演してくださったんですけど、鶏の(撮影をした)ところで、おばあちゃんにおにぎりをもらったりして(笑い)。優しくて、温かかったです」という、ほっこりエピソードも披露した。

 最後にあいさつを求められた横浜さんは、「もっと多くの方に届いてほしいので、皆さんのお力添えが必要。今心に思っていることを、周りの方やSNSなどで伝えていただけたらうれしいです」と述べたあと、「本当に、今日はおおきに!」と関西弁であいさつすると、会場は大きな拍手に包まれた。

 「線は、僕を描く」は、2020年の「本屋大賞」で第3位となった砥上裕將さんの同名小説(講談社文庫)が原作。孤独を抱えた大学生の青山霜介(横浜さん)が巨匠・篠田湖山(三浦友和さん)に声をかけられ、水墨画と出合い、千瑛(清原さん)らのライバルたちと切磋琢磨(せっさたくま)することで成長していく……。小泉監督をはじめ、映画「ちはやふる」シリーズのチームが再集結して製作した。21日から公開中。

写真を見る全 11 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画