鎌倉殿の13人:“ダメ次男”の意外な活躍 再び義時に仕えることになった朝時 西本たける「北条家の血筋と責務の重さが一気に」

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で北条朝時を演じる西本たけるさん (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で北条朝時を演じる西本たけるさん (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。10月30日放送の第41回「義盛、お前に罪はない」では、鎌倉最大の激戦とされる「和田合戦」が描かれ、お笑いトリオ「スーパーサイズ・ミー」の西本たけるさん演じる、義時(小栗さん)の次男・北条朝時(次郎)が意外な活躍を見せた。

 第41回では、鎌倉を守るために大江広元(栗原英雄さん)とも共謀し、反北条の旗頭となった和田義盛(横田栄司さん)の転落をもくろむ義時。戦を回避するべく実朝(柿澤勇人さん)と政子(小池栄子さん)が奔走する中、三浦義村(山本耕史さん)、八田知家(市原隼人さん)ら有力御家人は、義盛の陣営に集い情勢を見定めていた。

 そんな中、父・義盛の安否を心配する朝比奈義秀(栄信さん)らが打倒北条を目指して決起。義盛も敵はあくまで北条だと一族にクギを刺し、鎌倉へと出陣する。

 激しい市街戦の中、和田勢に押されて劣勢となる泰時(坂口健太郎さん)の兵。しかし、ここから民家の塀や板戸を即席の防具にして矢をしのぐことで、逆襲に出る。このきっかけを作ったのが、最初に板戸で頭を覆ってみせた朝時だった。

 矢が刺さったふりをして、一度は持ち場を離れた朝時の“意外な活躍”。女性にだらしなく、空気が読めないちゃらんぽらんな“ダメな次男”が、ほんの少しだけ名誉を挽回した瞬間で、兄・泰時から義時への進言もあり、戦のあと父からも許しを得る。

 朝時役の西本さんは、泰時と朝時の“兄弟”について、「政治的な頭も父からの信頼度も、何においても(朝時が)勝てない兄ではあるんですけれども、なんとなく見守ってくれていたりとか。あとは朝時のすごい天然発言とか『何も分かってないな』みたいな部分とかを、泰時さんはそんなにとがめてこないということも結構多かったりして。ちょっと抜けている部分は、お互いあったりするのかなみたいにちょっと感じています。圧倒的に兄の方がしっかりしているんですけど」と印象を語る。

 和田合戦を経て、再び父に仕えることについては、「北条家の血筋とその責務の重さみたいなものが一気に朝時の人生で初めてグッと感じる瞬間なのかなという感じがしていて。引き戻してもらった喜びとともに、父が義時さんで兄が泰時さんであるという、鎌倉のど真ん中に巻き込まれていく瞬間の怖さも同時に感じながら、『ありがとうございます』っていう返事なのかなというふうに僕の中では感じていました」と振り返った。

テレビ 最新記事