silent:ハンドバッグに憧れる“奈々”夏帆 夢見る理由に視聴者「そういう意味が」「苦しくて切ない」

連続ドラマ「silent」第6話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「silent」第6話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の川口春奈さん主演の連続ドラマ「silent」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第6話が11月10日に放送された。桃野奈々(夏帆さん)がハンドバッグに憧れる理由が、視聴者を驚かせた。

 生まれつきろう者の奈々は、好きな人と電話したり、手をつないで声で話したりすることを夢見ていた。さらに、お気に入りのハンドバッグを持ってデートすることも憧れだった。

 しかし、奈々はハンドバッグを持つと手が塞がり、手話を使えなくなってしまうため、その願いをかなえることは難しかった。劇中では、リュックを背負った奈々が、ショーウインドーに飾られた青いハンドバッグをうらやましそうに眺める姿も描かれた。

 SNSでは「ハンドバッグ持つと手話できなくなるから買うのためらうんだね……」「そういう意味があったのか」「なぜリュックなのかとか全然考えもしなかった」と話題に。

 「聴者にとってはいつでも当たり前にできること、その描写に考えさせられる」「何でもないようなことが奈々にとっては幸せなことなんだ」「苦しくて切ないけど大切なことも教えてくれる」といった声も上がった。

テレビ 最新記事