鎌倉殿の13人:瀬戸康史「個人的にめちゃくちゃうれしかった」こと 山寺宏一は「東京のお父さんみたいな存在」 そのワケは?

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で北条時房を演じる瀬戸康史さん (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で北条時房を演じる瀬戸康史さん (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。11月13日放送の第43回「資格と死角」では、瀬戸康史さん演じる北条時房が、尾上松也さん扮(ふん)する後鳥羽上皇と、蹴鞠(しゅうきく)に興じる姿が描かれた。ドラマの公式ツイッターでは、時房役の瀬戸さんの音声コメントが公開され、同シーンを振り返っている。

 姉の政子(小池栄子さん)に付き添い京へとやって来た時房。一方、上皇は慈円(山寺宏一さん)から、時房が「鎌倉一の蹴鞠の名手とのうわさ」と聞き、興味を抱く。そして、上皇は、それとなく鞠を時房のところへ転がすと、時房もまんまと乗ってきて、二人は互いの技を見せ合い、盛り上がる。

 自分が相手をしているのが上皇だと知らない時房は、フランクな態度で接して、あろうことか上皇の肩を気安くたたき、お付きの者に押さえつけられてしまう。そこで初めて相手の正体を知り、その場でひれ伏す時房。

 気分を害した様子もなく「トキューサと申したな」と尋ねる上皇に、時房は「トキューサでございます!」と即答。上皇は「いずれ、また勝負しようぞ。トキューサ」と時房を気に入った様子で、源実朝(柿澤勇人さん)の後継者として、息子の頼仁親王を鎌倉に送ることを決める……。

 瀬戸さんは、京で蹴鞠を褒められて「うれしかったですね」と素直に喜び、特技といえば蹴鞠くらいしかないので。そこでつながれるというのはすごくよかったし。おもしろいシーンになったんじゃないかなと思いますけどね」と明かす。

 さらには「あと個人的に山寺宏一さんと絡めたのがすごくうれしくて」という瀬戸さんは、「僕が10代のころにある番組(テレビ東京の『おはスタ』)で一緒になって、レギュラーだったんですけど、お世話になっていて。東京のお父さんみたいな存在なんですよ。初めてお芝居で絡めたので、それは個人的にめちゃくちゃうれしかったです」と語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画