鎌倉殿の13人:“公暁”寛一郎、初対面の“実朝”柿澤勇人に「殺します」とあいさつ 会場は大爆笑

11月22日に東京都内で行われた「鎌倉殿の13人」トークショーに出席した寛一郎さん(左)と柿澤勇人さん
1 / 4
11月22日に東京都内で行われた「鎌倉殿の13人」トークショーに出席した寛一郎さん(左)と柿澤勇人さん

 俳優の柿澤勇人さん、寛一郎さんが11月22日、東京都内で行われたBS4Kの魅力を伝える「NHK BS4K FUN!FUN!ミーティング~ついてる?4K押してる?4K~」イベント内のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」トークショーに出席。同作で、源実朝を演じる柿澤さんと公暁を演じる寛一郎さんが、初対面でのやり取りを明かした。

 寛一郎さんは「衣装部屋ですれ違うときに『初めまして。公暁役の寛一郎です。殺します』とあいさつして(笑い)」と明かすと会場は大爆笑に包まれた。続けて「(柿澤さんが)『殺されます』と優しい声で投げかけてくださって。バチバチではないですけど、殺す、殺されると違う立場でもすごく心地よい距離感でやらせていただきました」と振り返った。

 柿澤さんは「寛一郎君と芝居ができて楽しかったです。彼の目力に吸い込まれる感覚が何度もありました。殺される役と殺す役ではありますが、役者として同じステージにいられてうれしかったです」と語った。

 トークショーでは、4K放送の魅力についても触れ、寛一郎さんは「自然とのマッチ感がいいですよね。次回の第45回(11月27日放送)も良いセットと雪のシーンがあるので、ぜひ4Kで見ていただけたら」とアピールした。

 柿澤さんは「大河ドラマでいうと、戦いのシーンはきれいに映りますよね。セットもきれいですが、大自然の中で馬に乗ったり合戦をやるシーンはすごくきれいに見えました」と話した。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗旬さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 第45回の副題は「八幡宮の階段」。京から大納言ら公卿を招き、源実朝の右大臣拝賀式が鶴岡八幡宮で執り行われ、泰時(坂口健太郎さん)が警固をする中、公暁は門弟と共に木の陰に潜んでいた。

 御家人たちに交じり、状況を静観する三浦義村(山本耕史さん)。今後の鎌倉と自身の命運を賭し、儀式を見守る義時と時房(瀬戸康史さん)。式を終えて楼門から出てきた実朝を公卿と源仲章(生田斗真さん)が迎えて整列すると、牡丹雪が降り積もる中……というストーリーが展開する。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画