君の花になる:「8LOOM」の新曲「HIKARI」に「良い曲」「泣ける」の声

連続ドラマ「君の花になる」第6話の一場面 (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「君の花になる」第6話の一場面 (C)TBS

 女優の本田翼さん主演の連続ドラマ「君の花になる」(TBS系、火曜午後10時)の第6話が11月22日に放送された。7人組ボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」の弾(高橋文哉さん)の母校で凱旋(がいせん)ライブを行うことになり、新曲「HIKARI」を披露する展開で、SNSでは「HIKARIめっちゃいい。一番すきかも」「HIKARIいい歌すぎて普通に泣ける」といった反響があった。

 第6話では、デビュー曲が3年越しで大ヒットし、勢いに乗る8LOOMが、弾の母校での凱旋ライブを行うことに。元メンバーの東良介(池田匡志さん)を誘う古町有起哉(綱啓永さん)に、一之瀬栄治(八村倫太郎さん)が猛反発し……。そんな中、8LOOMの寮につぶれたケーキが捨てられるなどトラブルが発生し……と展開した。

 凱旋ライブでは、弾が「俺がこの道を目指したのは、高校時代、ある先生に背中を押してもらったからでした。うまくいかないこととか、イライラすることとか、たくさんあると思うけど、俺らもみんなの背中を押せたらなってそんな思いで作った曲です」とあいさつし、新曲「HIKARI」を披露した。

 歌詞に乗せて、良介と8LOOMが過ごしてきた映像が映し出される展開で、SNS上では「8LOOM最高! HIKARIも良かった」「『HIKARI』もすてきな曲で、いっぱい聴きます」「新曲、歌詞もいいしみんなの声も好きすぎて、延々リピしてる」「HIKARI 聞けば聞くほど良い曲」「8LOOMかっこよすぎる。高橋文哉かっこよすぎる」といった感想が続々と書き込まれ、盛り上がりを見せていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画