鎌倉殿の13人:「死んではならない」政子の自害阻止した意外な人物 「トウが救うなんて」「有能すぎる」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット 政子(小池栄子さん)の自害を阻止したトウ(山本千尋さん) (C)NHK
1 / 2
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット 政子(小池栄子さん)の自害を阻止したトウ(山本千尋さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第45回「八幡宮の階段」が11月27日に放送され、息子の実朝(柿澤勇人さん)と孫の公暁(寛一郎さん)を相次いで亡くした政子(小池栄子さん)が自ら命を絶とうとするシーンが登場した。

 そんな政子の自害を阻止したのが雑色のトウ(山本千尋さん)。源仲章(生田斗真さん)暗殺に失敗し、捕らわれてしまったトウだったが、見張りの者たちをあっという間に倒し、満身創痍(そうい)の状態でなんとか部屋を抜け出したあとの出来事だった。

 悲しみに暮れ、小刀を自分の首に当てようとする政子。トウは、背後から忍び寄り「ならぬ」と止める。そこで政子はトウに「なら、あなたが殺して」と頼むも、トウは「自ら死んではならない」と告げる。そして政子は、堰(せき)を切ったように嗚咽(おえつ)し……と展開した。

 SNSでは、「トウちゃん…」「アサシンが人の死を止める」「トウが政子を救うなんて」「ここでまさか尼御台とトウちゃんがつながるとは」といった驚きの声に加え、「トウちゃんやっぱり優しい子」「トウ、任務は駄目だったけどいい仕事するじゃない」「人を救うこともできる殺し屋、有能すぎる」といった感想も書き込まれた。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事