鎌倉殿の13人:仲章という“よく分からないやつ”殺して、パニック? 寛一郎語る実朝殺害「やっぱり気持ちは晴れない」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット 公暁を演じた寛一郎さん (C)NHK
1 / 5
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット 公暁を演じた寛一郎さん (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第45回「八幡宮の階段」が11月27日に放送され、公暁(寛一郎さん)による源実朝(柿澤勇人さん)殺害が描かれた。

 鶴岡八幡宮の大階段で実朝を討った公暁。同役を演じた寛一郎さんは、「大階段のシーンは本来、最初に義時(小栗さん)を殺して次に実朝を殺すという献立でしたけど、思いもよらぬ仲章(生田斗真さん)という、よく分からないやつを殺してしまい、そのパニックもあるんですけど、最終ゴールは実朝、という公暁なりのプランがあったので、最後に実朝を殺しました」と話す。

 「でも恨んでいた相手が本当はいいやつだったって、結構きついじゃないですか、殺す側にとっては。それはうすうす、公暁も分かっていたはずなんですよ、『こいつが別に悪いわけじゃない』と。実朝にもそう言っていますし。でも殺さなければいけない、自分が生きるために。だから実朝が最後、自分の小刀を捨ててうなずいたときは結構苦しかったですし、斬ったあとに『父の敵をとった』という名目のもとやっていましたけど、やっぱり気持ちは晴れないんですよね。というより、彼の呪いが解けていくというか、やっと自分の犯したことの重大さに気づいていく、というつもりでやっていました」と語った。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 ドラマは残り3回。次週12月4日は第46回「将軍になった女」が放送される。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事