鎌倉殿の13人:“天命”を自ら受け入れた実朝の最期 柿澤勇人の思い これで「父や兄のところに行ける」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット 源実朝を演じた柿澤勇人さん (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第45回場面カット 源実朝を演じた柿澤勇人さん (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第45回「八幡宮の階段」が11月27日に放送され、源実朝(柿澤勇人さん)の最期が描かれた。

 鶴岡八幡宮の大階段で公暁(寛一郎さん)に討たれた実朝。“天命”を自ら受け入れたかのように、抵抗をすることはなかった。

 実朝役の柿澤さんは、「実朝は今まで鎌倉殿・三代将軍として生きてきて、大変なことがいっぱいありつつも、一生懸命、果敢に取り組んで政にもちゃんと向き合ってきました。うまくいかなかったりとか、悩んでいたり、苦しんでいたりしたものも、最期にはある意味、すべてを受け入れて」と明かす。

 「政以外にもおばば(歩き巫女、大竹しのぶさん)に言われていたこととか、そういったものがあの一瞬のうちに一気に走馬灯のように頭の中を駆け巡り、すべてを理解したというか。『これで天に行けるんだ』じゃないけど、『父(頼朝、大泉洋さん)や兄(頼家、金子大地さん)のところに行けるんだ』みたいな思いはありましたね」と語った。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 ドラマは残り3回。次週12月4日は第46回「将軍になった女」が放送される。

テレビ 最新記事