異世界おじさん:第9話「氷の精霊がクーラー魔法の対価を要求してるんだよ」 おじさんが魔炎竜に変身した時

「異世界おじさん」の第9話「氷の精霊がクーラー魔法の対価を要求してるんだよ」(C)殆ど死んでいる・KADOKAWA刊/異世界おじさん製作委員会
1 / 10
「異世界おじさん」の第9話「氷の精霊がクーラー魔法の対価を要求してるんだよ」(C)殆ど死んでいる・KADOKAWA刊/異世界おじさん製作委員会

 KADOKAWAのウェブコミックサイト「WebComic アパンダ」で連載中の殆ど死んでいるさんの異世界コメディーマンガが原作のテレビアニメ「異世界おじさん」の第9話「氷の精霊がクーラー魔法の対価を要求してるんだよ」が、12月1日からBS11ほかで順次、放送される。

 8月、日本各地で最高気温を記録したある日、暑さのせいで頭が働かないおじさんとたかふみは、クーラーの代わりに魔法で部屋を冷やすことに成功する。そんな中、精霊へのささげものとして用意した魚の頭が異様においしそうに見えてしまう。それは以前、魔法を無理に使った反動で竜に変身した時の後遺症だと気付く。おじさんは、変身魔法のリスクを改めて感じる。異世界でも魔炎竜に変身後、精神を支配され戻れなくなった時のことを思い出す。

 「異世界おじさん」は、17年間の昏睡(こんすい)状態から目覚めた叔父に会うため、病室を訪れたたかふみが、異世界・グランバハマルで17年間を過ごしてきたという叔父の壮絶な異世界生活について聞くことになる……というストーリー。子安武人さんが異世界から帰還したおじさん、福山潤さんがたかふみを演じるほか、声優として小松未可子さん、戸松遥さん、悠木碧さん、豊崎愛生さんらが出演する。

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事