立川談春:「どうする家康」で織田家筆頭家老・佐久間信盛役 徳川を監視「家康殿、お覚悟のほどを」

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」で佐久間信盛を演じる立川談春さん=NHK提供
1 / 1
2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」で佐久間信盛を演じる立川談春さん=NHK提供

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマどうする家康」(総合、日曜午後8時ほか)に、落語家の立川談春さんが出演することが12月1日、明らかになった。信長(岡田准一さん)の父・信秀(藤岡弘、さん)の代から織田家に仕える筆頭家老の佐久間信盛を演じる。談春さんは、2019年放送の「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」以来、2作目の大河ドラマ出演となる。

 信盛のキャッチコピーは“家康に難題を突きつける食えない男”。信長の無謀さや羽柴秀吉(ムロツヨシさん)、柴田勝家(吉原光夫さん)たちの台頭に危機感を覚えつつも、織田家の足元を支える。東部方面の戦略、徳川の監視役を任され、家康(松本さん)に無理難題をたびたび突きつける。

 談春さんは、信盛の印象について「他の織田家家臣団とは一線を画した存在だったように思います。筆頭家老という立場だけでなく、信秀の後継者にするために動いた信長の幼少からの最大の理解者だったのでしょう。最後は信長に捨てられますが、それまでの信長からの信任は厚く家康までをも子供扱いするしたたかな武将と思います。信長ファンからも家康ファンからも好かれない嫌いな男を演じられたらと思います」と語る。

 主演の松本さんに対しては「信長の代弁者として、家康をなぶり倒すつもりです。家康殿、お覚悟のほどを」とコメントした。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。2023年1月8日スタートで、初回は15分拡大版。

テレビ 最新記事