大貫勇輔:「どうする家康」で初大河 “義の男”浅井長政に 武将役初挑戦「すべてが楽しみ」

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」で浅井長政を演じる大貫勇輔さん=NHK提供
1 / 1
2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」で浅井長政を演じる大貫勇輔さん=NHK提供

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマどうする家康」(総合、日曜午後8時ほか)に、ダンサーであり、俳優の大貫勇輔さんが出演することが12月1日、明らかになった。大貫さんは今作が初の大河ドラマで、愚直なまでに信義を通す“義の男”浅井長政を演じる。

 浅井長政は北近江の戦国大名。織田信長(岡田准一さん)と同盟を結び、政略結婚で嫁いできた市(北川景子さん)を慈しむ良き夫。信長ですら心を許す誠実さの持ち主。やがて、覇道を突き進む信長に不信感を募らせる。長政の真摯(しんし)な言葉は家康の心にも響く。家康と深いつながりを持つことになる、茶々たち3姉妹の父。

 大貫さんは「大河ドラマも初めてですし、武将役も初めてなので、すべてが楽しみです」とコメント。長政役には「良き夫として、良き父として、良き武士として、さまざまな葛藤の末、彼は自分自身の正義を信じて突き進むことを選びます。愛する者がいながらも、自分の命をかけた選択に、僕自身、ものすごく心打たれました。その重みある彼の思いを胸に、覚悟をもって演じたいと思います」と語っている。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。

テレビ 最新記事