TR-808:NHKでリズムマシン名機のドキュメンタリー番組 石野卓球、アフリカ・バンバータ登場 開発者の秘話も

Rolandのリズムマシンの名機「TR-808」=NHK提供
1 / 10
Rolandのリズムマシンの名機「TR-808」=NHK提供

 Roland(ローランド)のリズムマシンの名機「TR-808」をテーマとしたドキュメンタリー番組「ノーナレ『808 Revolution』」が、NHK総合で12月17日午後11時20分から放送されることが分かった。ナレーションのないドキュメンタリー番組の不定期シリーズ「ノーナレ」の新作で、音楽ユニット「電気グルーヴ」の石野卓球さん、ヒップホップのレジェンドDJのアフリカ・バンバータさん、音楽ユニット「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」のサポートメンバーの松武秀樹さん、音楽プロデューサーのトリル・ダイナスティさんらがTR-808について語るほか、開発者の菊本忠男さんが開発秘話を明かす。菊本さんがテレビに出演するのは初めて。

 TR-808は1980年に発売されるが、発売当時はセールスとしては失敗した。中古品が米国に渡り、開発者が想定していなかった使い方によって、世界中のアーティストに愛されるようになる。ヒップホップ、R&B、ハウス、テクノなどさまざまな音楽で使用され、数々の名曲を生み出し、20世紀の音楽を変えたとも言われている。

 番組では、音楽家の渋谷慶一郎さんが音楽を担当。ほぼ全ての音楽をTR-808で作曲する。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事