歴史探偵:どうする家康とコラボ 「三河一向一揆」「三方ヶ原の戦い」「伊賀越え」“家康3大危機”に迫る

1月1日放送の歴史探偵「どうする家康 コラボスペシャル」に出演する(左から)佐藤二朗さん、松本潤さん、杉野遥亮さん(C)NHK
1 / 2
1月1日放送の歴史探偵「どうする家康 コラボスペシャル」に出演する(左から)佐藤二朗さん、松本潤さん、杉野遥亮さん(C)NHK

 NHKの歴史番組「歴史探偵」と、1月8日スタートの大河ドラマ「どうする家康」(総合、日曜午後8時ほか)のコラボ番組「歴史探偵『どうする家康 コラボスペシャル』」が、1月1日午後10時から総合で放送される。主人公・徳川家康を演じる松本潤さんと、徳川四天王・榊原康政役の杉野遥亮さんが出演し、家康の3大危機について語り合う。

 最初は、家臣たちが次々に家康を裏切っていく「三河一向一揆」。次に、家康の大敗北と言われる武田信玄との「三方ヶ原の戦い」に、新説で迫る。最後に、本能寺の変の直後に起きた家康の三河までの逃避行「伊賀越え」で、家康が通ったとされる新たなルートを調査する。

 「歴史探偵」の所長を務める佐藤二朗さんは「同じ俳優として、松潤がどんな家康を演じるのか、今から本当に楽しみです。嵐の番組に何回か出たことがあって、松潤とは仲が良いんですよ。そんな2人がお正月にキャッキャしながら(笑い)、1時間たっぷりお届けしますので、ぜひご覧ください!」とアピールした。

 河井雅也チーフプロデューサー(CP)は「『歴史探偵』と『どうする家康』は、1年通してしっかりコラボする予定です。お正月は、その第1弾。戦国時代は歴史探偵チームが得意とする分野なので、2023年は徳川家康をいろんな角度から深掘りしていきます。『歴史探偵』もぜひご覧ください」と呼びかけた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事