夕暮れに、手をつなぐ:何か見たことあるような? “資産家”夏木マリが買い取った銭湯が話題に 「『おかえりモネ』思い出す」

「夕暮れに、手をつなぐ」第1話一場面(C)TBS
1 / 1
「夕暮れに、手をつなぐ」第1話一場面(C)TBS

 広瀬すずさん主演で人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんが共演する連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が1月17日に放送された。終盤では、浅葱空豆(あさぎ・そらまめ)役の広瀬さんが、銭湯へ行く展開に。SNSでは、永瀬さんが出演したNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」を引き合いに出し、「何かどっかで見たことあるような? 『おかえりモネ』かっ!」などの声があった。

 ドラマは、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(2018年)などの北川悦吏子さんの脚本。九州で育ち、婚約者を追って上京した浅葱空豆と、作曲家を目指す青年・音(永瀬さん)の青春ラブストーリー。第1話では、九州の片田舎で育った空豆が、幼なじみの婚約者を追って上京した先で、音と衝撃的に出会う様子が描かれた。

 2021年に放送された「おかえりモネ」は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同県の登米(とめ)で青春を送った百音(ももね、清原果耶さん)がヒロインの物語。永瀬さんは、百音の同級生・及川亮役で出演した。上京した百音は銭湯に下宿しており、亮が訪れたこともあったことから、SNSでは「『夕暮れに、手をつなぐ』に出てくる銭湯って、『おかえりモネ』の銭湯だよね」「やばい、りょーちんが再び銭湯に来る?」といった声が上がり、注目された。

 また、「おかえりモネ」で、資産家・新田サヤカを演じた夏木マリさんが、「夕暮れに、手をつなぐ」では、つぶれかけている近所の銭湯を買った資産家・雪平響子として登場したことから、SNSでは「れんれんと夏木さんを銭湯で見たら、おかえりモネを思い出す」という意見もあった。

テレビ 最新記事