どうする家康:埋蔵金? “じい”イッセー尾形の財テクぶりに「さすが」の声 2年前は“三井の大番頭”三野村利左衛門役

2023年大河ドラマ「どうする家康」で“じい”こと鳥居忠吉を演じるイッセー尾形さん (C)NHK
1 / 1
2023年大河ドラマ「どうする家康」で“じい”こと鳥居忠吉を演じるイッセー尾形さん (C)NHK

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマどうする家康」(総合、日曜午後8時ほか)第3回「三河平定戦」が1月22日に放送された。同回では、イッセー尾形さん演じる“じい”こと鳥居忠吉の財テクぶりが明かされた。

 故郷の岡崎に入った松平元康(後の家康、松本さん)と家臣団。今川氏真(溝端淳平さん)から届いた書状には、「岡崎にとどまり、三河から織田勢をことごとく打ち払え。しかる後、駿府に帰参し、余を側(そば)で支えよ」と記され、元康は、打倒・信長(岡田准一さん)を決意する。

 そんな元康を“あるところ”へと連れて行く忠吉。そこには、元康が岡崎城主になったときのためにとため込んでいた金や武器があり、忠吉は「ご城代を欺いて、銭っこためるぐらい、何でもないわ」と得意げに話す。これで戦ができると家臣団は大喜びし、“えびすくい”を踊って盛り上がる……と展開した。

 SNSでは「おじいちゃんのへそくりw」「徳川埋蔵金だ」「鳥居のおじいちゃんがやり手に過ぎる」「めっちゃヘソクリ溜め込んだジジイ」「じい、それ財テクじゃなくて横領w」などと視聴者は反応。

 またイッセー尾形さんは2021年の大河ドラマ「青天を衝(つ)け」で、“三井の大番頭”三野村利左衛門を演じたことから、「じいさん絶対三井だろ!三井の番頭だろ!!」「じい、さすが後に三井財閥作るだけある…」「さすが転生したら三井の大番頭…」「さすが幕末から明治にかけて三野村利左衛門に転生する人だ」「三井財閥の礎は鳥居忠吉だったか(違」といった声も次々と上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画