今夜の光る君へ:第19回「放たれた矢」 高まる軋れき、そして大事件へ 実資「そんな面白いことがあったのか!」

NHK大河ドラマ「光る君へ」第19回の場面カット (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「光る君へ」第19回の場面カット (C)NHK

 俳優の吉高由里子さん主演のNHK大河ドラマ光る君へ」(総合、日曜午後8時ほか)の第19回「放たれた矢」が、5月12日に放送される。道長(柄本佑さん)が右大臣に任命され公卿の頂点に。これを境に、先を越された伊周(三浦翔平さん)との軋れきが高まっていく。

ウナギノボリ

 一方でまひろ(吉高さん)は、ききょう(ファーストサマーウイカさん)のはからいで内裏の登華殿を訪ねることに。定子(高畑充希さん)との初対面に緊張する中、一条天皇(塩野瑛久さん)も現れ……。ある夜、隆家(竜星涼)は、女に裏切られたと落ち込む伊周を強引に女の家へ連れていく。これが大事件へと発展することに。

 予告には藤原実資(秋山竜次さん)が「そんな面白いことがあったのか!」と目を見開き確認する姿も映し出されている。

 「光る君へ」は63作目の大河ドラマ。平安時代中期の貴族社会が舞台で、のちに世界最古の女性による小説といわれる「源氏物語」を書き上げた紫式部(まひろ)が主人公となる。脚本を、2006年の「功名が辻」以来、2度目の大河ドラマ執筆となる大石静さんが手掛け、きらびやかな平安貴族の世界と、懸命に生きて書いて愛した女性の一生を映し出す。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画