366日:第8話のあらすじ公開 道に迷った“遥斗”眞栄田郷敦を“紗衣”夏子が助ける “明日香”広瀬アリスは紗衣に花火大会にいた理由を聞く

連続ドラマ「366日」第8話の一場面(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「366日」第8話の一場面(C)フジテレビ

 俳優の広瀬アリスさんが主演を務めるフジテレビ系“月9”枠の連続ドラマ「366日」(月曜午後9時)。5月27日に放送される第8話のあらすじと場面写真が公開された。

ウナギノボリ

 雪平明日香(広瀬さん)は、水野遥斗(眞栄田郷敦さん)、小川智也(坂東龍汰さん)、下田莉子(長濱ねるさん)、吉幡和樹(綱啓太さん)らと地元・茨城県の花火大会を満喫。東京に戻る明日香は、実家に帰る遥斗とその場で別れた。

 明日香が東京に戻ると、遥斗の妹の花音(中田青渚さん)から連絡が入り、遥斗が実家に帰って来ないと言う。どうやら遥斗は道に迷ってしまったらしく、明日香は遥斗を探すため茨城に戻ろうとするが、タクシーがつかまらない。

 一方、遥斗の父・輝彦(北村一輝)と母・智津子(戸田菜穂さん)が車で遥斗を探しに出かけ、2人が営むお好み焼き屋「てるちゃん」では、花音が留守番をしていた。そこに、遥斗が帰って来る。遥斗の傍らには看護師の宮辺紗衣(夏子さん)の姿が。花音は紗衣が遥斗を見つけてくれたと明日香に伝える。ほっとする明日香だが、自分たちの地元に紗衣がいたことに疑問を持つ。翌日、明日香は遥斗を一人にしてしまったことを謝り、遥斗も心配をかけたことを詫びる。

 後日、病院で医師の池沢友里(和久井映見さん)の診察を受ける遥斗を待つ間、明日香は紗衣に礼を言い、花火会場にいた理由を聞く。そこに診察を終えた遥斗と花音がやって来て、2人も紗衣に礼を述べる。明日香と遥斗が仲睦まじく歩いて行く姿を、紗衣が見送る。徐々に元の関係性を取り戻しつつある2人を見た花音は「(遥斗が)また一から恋しちゃっているみたい、明日香さんに」と温かく見守り……と展開する。

 ドラマは、4人組バンド「HY」の名バラード「366日」の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした男女が、予期せぬ悲劇に直面しながらも、愛する人を思い続ける壮大な愛の物語。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画