安藤優子:カーライフに取材経験が影響? 歴代愛車はカブリオレにSUV 死去2週間前のアイルトン・セナさんの印象も明かす

「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」に出演する安藤優子さん(C)BS日テレ
1 / 3
「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」に出演する安藤優子さん(C)BS日テレ

 ニュースキャスターの安藤優子さんが、6月15日午後9時から放送のトークバラエティー番組「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」(BS日テレ)にゲスト出演する。

ウナギノボリ

 アメリカ留学経験のある安藤さんは、16歳で車の免許を取得。「必修科目に運転免許が入ってる。授業の一環なんです」と車社会らしいエピソードを披露。父は大学の自動車部出身で、大の車好き。ドライブの際にはマニアックなアドバイスを受けたことがあるといい、「ザ・自動車部の父」と笑って振り返る。

 愛車遍歴のスタートは、24歳で買った人気の国産車。当時は大失恋の後だったといい、寂しさに輪をかける悲しい思い出を明かす。また、自動車のコンパニオンをしていたと告白。安藤さんは「黒歴史なんですけど……」と言うが、当時の写真を見て、MCの矢作兼さんは「イケイケのいい女、やってたんだね」と大興奮する。

 国際政治からスポーツまで、幅広いジャンルを取材し続けた安藤さんは、ビル・クリントン元米大統領や妻のヒラリーさんにも取材経験があるという。また、伝説のF1ドライバーであるアイルトン・セナさんを死去2週間前に取材した時の印象を語る。

 カーライフにも取材経験が大きく影響するといい、欧州メーカーのカブリオレや、ドイツ車のSUVを購入した理由を明かす。番組の最後には、留学時代の忘れられない超豪華アメ車が登場。その大きさに、安藤さんは「こんな大きな車、よく乗ってた……私」と目を丸くする。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画