べらぼう:25年1月5日スタート横浜流星主演大河 初回場面カット解禁 渡辺謙や宮沢氷魚、“伝説の遊女”小芝風花の姿も

2025年のNHK大河ドラマ「べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~」の初回場面カット=NHK提供
1 / 6
2025年のNHK大河ドラマ「べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~」の初回場面カット=NHK提供

 俳優の横浜流星さん主演で、2025年1月5日スタートを予定しているNHK大河ドラマべらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~」の初回場面カットが公開された。横浜さん扮(ふん)する主人公・蔦屋重三郎のほか、小芝風花さん演じる“伝説の遊女”花の井(五代目瀬川)、渡辺謙さん演じる田沼意次、宮沢氷魚さん演じる田沼意知の姿も写し出されている。

ウナギノボリ

 「べらぼう ~蔦重栄華乃夢噺~」は64作目の大河ドラマで、日本のメディア産業やポップカルチャーの礎を築いたとされる蔦屋重三郎の生涯を描く。制作側は「親なし、金なし、画才なし……ないない尽くしの生まれから“江戸のメディア王”として時代の寵児(ちょうじ)になった快男児」と銘打つ。

 ドラマは5月27日に収録が始まり、主演の横浜さんは6月15日に京都でクランクインした。6月下旬まで、東本願寺や松竹撮影所など京都市内、長岡京市内で京都ロケが実施される。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事