MANTANWEB(まんたんウェブ)

ラノベ質問状:「カンピオーネ!」 気になる二人の過去 神話の解釈も魅力

ブック
丈月城さん作、シコルスキーさんイラストのライトノベル「カンピオーネ!」の6巻の表紙

 話題のライトノベルの魅力を担当編集部が語る「ラノベ質問状」。今回は、強大な力を得た少年と、それをサポートする美少女が、神々との戦いに巻き込まれる「カンピオーネ!」(丈月城著、シコルスキー画)です。集英社スーパーダッシュ文庫の三輪宏康さんに話を聞きました。

 −−この作品の魅力は?

 この作品は「超必殺技しかもたない主人公が神様と戦う物語」です。1巻のあとがきから引用した言葉ですが、これほど端的にこの作品の内容を表したものはないと思います。

 とあるきっかけから神を殺し、その力「権能」を奪って、「魔王」とも称される「カンピオーネ」となってしまった高校生・草薙護堂。彼が自称・愛人の魔術師エリカに振り回されつつ、強力ではあるものの使用条件が厳しい「権能」で、強敵たちと戦っていくのがメーンストーリーですが、作中で語られる神話に対する解釈は、この作品独自の魅力となっています。感想を語りたくなる作品とでもいいましょうか。

 −−作品が生まれたきっかけは?

 この作品をはじめて読んだ際に思ったのは「これは3巻目?」でした。物語の開始時点で既に護堂とエリカの関係性はできあがっていて、護堂は強力な力を有しています。おそらくこれは1巻を読んだ読者の方の多くも思われたと思いますが、「彼らの過去にいったい何があったのか!? とにかく思わせぶりで気になる!」のです。しかし、だからこそ彼らの物語を読みたくなるという作品構造に膝(ひざ)を打ちました。過去のエピソードは、刊行が継続する中でいくつか明らかにされていきますが、いまだ全貌(ぜんぼう)は不明です。これを読みたいと思わせた丈月先生の作戦の勝利が、シリーズ誕生のきっかけかなと思います。

 −−作者とイラストレーターはどんな方でしょうか?

 丈月城先生はとにかく知識量が豊富な方です。話の展開が変更されると登場する神話がそれにふさわしく変化するなど、どこからそれがわいてくるのか不思議なくらいです。また、個人的感想ですが、ライトノベル界有数のエロいキスシーンを書かれる方ではないかと。

 シコルスキー先生の描かれる少女たちは華があってとにかく可愛いですね。女性のやわらかさをすてきに描かれる方です。この作品のキャラクター小説としての魅力は、確実にシコルスキー先生のお陰で、レベルが一段上に上がりました。

 −−今後の展開、読者へ一言お願いします。

 7月23日に最新7巻「カンピオーネ! 7 斉天大聖」が発売となります。本作初の前後編として、6巻から続くお話が物語られますが、既に満身創痍(そうい)の護堂たちがかつてない強敵を迎えてどのような手を打つのか、楽しみにしてください。ヒントは「強敵と書いて友と読む」でしょうか?

 シリーズとしては、今後も世界各地の神話などを題材に物語を展開する予定です。そこに護堂の無自覚なモテっぷりが加わることでどのようにお話が転がっていくのか、それを私も楽しみにしています。

集英社 スーパーダッシュ文庫 三輪宏康

カンピオーネ! 丈月城著 シコルスキー画 集英社 1~6巻発売中(7月23日に7巻発売)

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る