MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目ドラマ紹介:「TAROの塔」 松尾スズキ主演で岡本太郎の生涯を初映像化

テレビ
ドラマ「TAROの塔」で岡本太郎を演じる松尾スズキさん=NHK提供

 生誕から100年を迎える芸術家・岡本太郎の生涯を初映像化したNHKの土曜ドラマ「TAROの塔」の放送が26日始まる。演出家で俳優の松尾スズキさん(48)が岡本太郎を演じ、パートナーの敏子を女優の常盤貴子さん(38)が演じる。

 岡本太郎は1911年2月26日生まれ。父の仕事について渡欧してパリに約10年滞在、ピカソらから影響を受けた。幼少のころから絵を描くなど創作活動を続け、前衛芸術運動を行った。晩年はバラエティー番組などにも出演し、「芸術は爆発だ!」などの発言でも知られる。70年にアジア初・日本初の国際博覧会「大阪万博(日本万国博覧会)」でシンボルタワー「太陽の塔」を作り上げたほか、72年にアジア初・日本初の冬季五輪開催となった「札幌五輪」の公式メダルを制作するなどした。パートナーの敏子は実質的な妻でありながら、結婚せず、後に岡本太郎の養女となった。

 ドラマは、太郎の生誕100周年企画の一環で、67~70年の「太陽の塔」誕生秘話を軸に岡本太郎の誕生から死までを描く。関係者の全面協力を得て、太郎の実像を取材し、人気マンガ家だった父・一平、芸術面での影響を強く受けた歌人で小説家の母・かの子、秘書を経てパートナーとなった敏子との人間模様や心象風景を、太陽の塔の完成と重ね合わせ、現在と過去が交錯しながら展開する。「クライマーズ・ハイ」などを手がけた大森寿美男さんのオリジナル脚本で、主題歌は仏歌手エディット・ピアフの「水に流して」を美輪明宏さんが仏語で歌い上げる。

 少年時代の太郎を高澤父母道(たかざわ・ふぼみち)君(6)、青年時代の太郎を濱田岳さん(22)が演じ、父・一平役は田辺誠一さん(41)、母・かの子役は寺島しのぶさん(38)。かの子の愛人・堀口茂治役で成宮寛貴さん(28)、日本万国博協会会長・坂崎康造役で西田敏行さん(63)、「大阪万博」の総合プロデューサーを務めた建築家・丹下健三役で小日向文世さん(57)、「大阪万博」でテーマ館のサブプロデューサーを務めたSF作家・小松左京役でカンニング竹山さん(39)も出演する。

 第1話「太陽の子」は、一平とかの子の結婚と太郎の幼少期、そして太郎が依頼を受け、「大阪万博」プロデューサーに就任する様を描く。「大阪万博」のテーマプロデューサーとして岡本太郎に白羽の矢が立つ。就任を迷う岡本の脳裏に母の記憶がよみがえる。芸術にしか興味がないかの子は学生と恋に落ち、家に同居させるなど破天荒な生活を繰り返す……という物語。第2話「青春のパリ」では太郎が万博に「ベラボーな塔」の建築を提案、その源となった芸術精神「対極主義」を学んだ太郎のパリでの青春時代を描き、第3話「戦友」では敏子との出会い、第4話「芸術は爆発だ!」でついに太陽の塔が完成する。

 放送は総合テレビで26日から毎週土曜午後9時~同53分。3月5日は午後9時15分から。全4回。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る