MANTANWEB(まんたんウェブ)

スネークマンショー:伝説のラジオが30年ぶりテレビで復活

テレビ
「R60 スネークマンショー」の一場面=WOWOW提供

 俳優の伊武雅刀さんとDJの小林克也さんらによるラジオDJユニット「スネークマンショー」が、約30年ぶりにテレビで復活する。WOWOWのスペシャル映像番組「R60 スネークマンショー」で、テーマは「老いと死」。伊武さんは「50歳以下は見てはいけない番組にしようかとも思った」といい「もともと3人で作ったときにはまったく身近な題材を使っていた。『老いと死』というテーマは、この年になったらそういうものが出てくるだけの話」と話した。WOWOWで4月9日から放送される。

 「スネークマンショー」は、伊武さん、小林さんと音楽プロデューサーの桑原茂一さんにより、70年代後半にラジオ番組として誕生し、81年には「YELLOW MAGIC ORCHESTRA(YMO)」のアルバム「増殖」に参加して大流行を巻き起こした。スペシャル番組は、美しく純粋に成熟するほどに暴走していく「老境」を描いた全4回の構成で、老いとは、死とは、幸福とは、そして究極のエロスとは何かを映像化。ショートコントやアニメーションなどのほか、伊武さんはホームドラマ、小林さんは日本映画、桑原さんはドキュメンタリーと、それぞれジャンルを掲げ、自ら監督した作品を仕上げている。

 小林さんは、あるFM局で伊武さんと「漫才みたいのやる」と話したことが復活のきっかけだったと明かし「映像にしていく作業をやり始めたら中毒になるのが分かりましたね。自分の中で描いたものが本当に映像になっちゃうんだから。なんか、恥ずかしいっていうか、独特の感覚です。監督をするのはめちゃめちゃ楽しいですよ。あっ、こういうものなんだってことを僕は初体験しました」とコメントしている。

 作品には、松尾スズキさんや山名宏和さん、井村光明さんといった豪華脚本家・演出家も参加しており、伊武さんは「本来は2人でやりたかったんだけど、2人でやると忙しいし、労力もかかる。今若い人でこういうものをやらしたらいいもの作るんじゃないかっていう人といろんなネタを集めてその中から、やれるものをやっていこうと思った」とコメント。番組の出来栄えについては「まだまだ実験段階でしたね。そういう意味ではスネークマンショーの昔のネタみたいなものを期待している人にとっては見事に裏切ってるんじゃないかな」と自信をのぞかせている。

 「R60 スネークマンショー」は全4回。4月9日より毎週土曜日深夜0時30分放送予定。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る