MANTANWEB(まんたんウェブ)

ラノベ質問状:「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」 新キャラ登場でますます修羅場

ブック
6月に発売される裕時悠示さん作、るろおさんイラストの「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」2巻(ソフトバンククリエイティブ)

 話題のライトノベルの魅力を担当編集者が語る「ラノベ質問状」。今回は妹のような幼なじみと、帰国生徒の彼女との間で揺れ動く主人公をコミカルに描いたラブコメディー「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」(裕時悠示著、るろお画)です。ソフトバンククリエイティブGA文庫編集部の佐藤公昭さんに作品の魅力を聞きました。

 −−この作品の魅力は?

 かわいい幼なじみの少女・千和と、銀髪の学園一の美少女・真涼との間に挟まれた高校生・鋭太が、ふたりに翻弄(ほんろう)されるラブコメディー作品です。タイトルに修羅場とありますが、“モテまくり”を目指す「自らを演出する乙女の会(通称:自演乙)」の活動や、鋭太の“黒歴史”である中学時代の日記「中2病ノート」で、“残念なキャラ”がドタバタするところが魅力です。読者さまによって、どちらのヒロインが好みか分かれるみたいで、そのあたりも見どころです。

 −−作品が生まれたきっかけは?

 「上目づかいが“モテカワ”って意識してたら、にらんでると思われた\(^o^)/」みたいな「かわいく&カッコつけたけど失敗」という、“あるあるネタ”をもとに日常ものっぽい作品を作ろうという構想が、まずありました。さらに超弩(ど)級なラブストーリーを目指したいと著者の裕時先生からいただいたのですが、これまでのデビュー作での実績上、きっと“残念で面白いキャラ”のコメディーになるだろうと進めたところ、素晴らしいバランスのラブコメになりました。

 −−作家さんとイラストレーターさんはどんな方でしょうか。

 裕時先生は想像力豊かな方で、「中2病ノート」の“痛い”面白さを、とてもリアルに書かれます。また「どうすれば読者さまが読みやすい、楽しみやすいパッケージになるか?」を積極的に研究し、ご提案いただいております。そのアイデアを取り入れて本作「“俺修羅”」はできました。

 イラストのるろお先生はラブコメ作品のお仕事はあまりなかったのですが、そこをあえてお願いし、非常に魅力的なヒロインを描いていただきました。また、作中の予告編やイラストアイデア、内容のネタなどを積極的にご提案いただき、一緒に「“俺修羅”」を作っております。

 −−編集者として、この作品にかかわって興奮すること、逆に大変なことについてそれぞれ教えてください。

 裕時先生のデビュー作である「踊る星降るレネシクル」の原稿を待っていたところ、「お待たせしました!」と、待っていた3巻の原稿ではなく、本作の初稿が届きました。

 「これじゃない! 3巻の原稿は!?」「これから頑張ります」みたいなやりとりがありつつ読んだところ、非常にキャラが魅力的で読みやすく、「これはいける!」と手ごたえを感じました。

 「今が駆け抜ける時!」と裕時先生にはさまざまなことに積極的に取り組んでいただいており、担当として調整が大変ですね。新刊の2巻はラブコメ要素も、コメディー要素も満載で、読者さまの期待に応える“ディ・モールトな”出来と思います。

 −−今後の展開、読者へ一言お願いします。

 本作は発売日を待たずに、ドラマCD化のご提案をいただいたり、さまざまなお問い合わせをいただいている非常に幸せな作品だと思います。他の企業さまとのご相談もいろいろしておりますので、お楽しみに! 公式ホームページや公式ツイッターなどで、順次発表させていただく予定です。

 新キャラも登場し、ますます修羅場な「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」を、どうぞよろしくお願いします!

 ソフトバンク クリエイティブ GA文庫編集部 佐藤公昭

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る