MANTANWEB(まんたんウェブ)

ラノベ質問状:「涼宮ハルヒ」 ハルヒにモデルが! 次巻の構想も

ブック
谷川流さん作、いとうのいぢさんイラストの「涼宮ハルヒの驚愕」(初回限定版・角川書店)

 話題のライトノベルの魅力を担当編集者が語る「ラノベ質問状」。今回は4年ぶりの新刊「驚愕」がライトノベル史上最高の初版発行部数を記録した大ヒット作「涼宮ハルヒ」シリーズ(谷川流著、いとうのいぢ画)です。角川書店のスニーカー文庫編集部の上野新さんに作品の魅力を聞きました。

 −−この作品の魅力は?

 涼宮ハルヒという傍若無人のキャラクターが毎回想像もつかない騒動を起こします。それに巻き込まれた語り手たるキョンが、口では嫌々ながらも楽しんでいるように見えるところが、読む人にとって親近感がわくのではないのでしょうか。また、他のSOS団の面々も個性的で、非常に興味深い設定が隠されており、シリーズを読み進めるほどに、その魅力に引き込まれていきますね。

 −−作品が生まれたきっかけは?

 第8回スニーカー大賞に応募され、大賞に輝いた作品です。谷川先生がお勤めをしていたころ、バイトの女の子たちの明るさ、はしゃぎっぷりがハルヒに反映されているようです。応募原稿と、実際刊行された本では、修正した部分はほとんどなかったとか。それほど完成度の高い原稿だったと聞いています。

 −−久々の最新作となります。今回の見どころは?

 ハルヒが引き起こす超常現象の解決に、もっとも活躍してきた長門有希が倒れてしまったところから物語が再開します。キョンのかつての友人・佐々木をとりまく偽SOS団がSOS団の存在に揺さぶりをかけ、そのキーマンとしてなぜか選ばれてしまったキョン。彼の苦悩や決意を共有しつつ、物語の行く末を楽しんでいただければと思います。

 −−作家さんとイラストレーターさんはどんな方ですか。

 谷川先生は非常に寡黙で、博識な方です。おそらく頭の中には大容量ハードディスクがあり、常にメモリーやCPUが高速フル稼働しているのではないでしょうか。そして出てくる言葉はいつもは簡潔にして的確ですね。いとうのいぢ先生はとてもパワフルな方で、今回の「驚愕」発売にあたって、たくさんイラストを描いていただきました。人柄も朗らかな方で、いつも逆に癒やされています。そんなお二人のQ&Aと、座談会の模様が発売中の「オフィシャルファンブック 涼宮ハルヒの観測」に収録されていますので、ぜひそちらで人柄に触れてみてください。

 −−編集者として、この作品にかかわって興奮すること、逆に大変なことについてそれぞれ教えてください。

 やはり原稿の精度・面白さにやられてしまう時があります。クライマックスへ向けての盛り上がり感、そして想像もしなかった展開など、度肝を抜かれることばかり。大変というか、周囲からのプレッシャーはいつもひしひしと感じています。「ハルヒはいつも凄いことをする」というイメージが強いので、これに応えることができるのか……。おかげで、「驚愕」は世界同時発売とラノベ史上最高の初版発行部数を達成できました。めったに体験できないことだと思います。

 −−今後の展開、読者へ一言お願いします。

 今後も谷川先生と打ち合わせを重ね、次の巻の構想をかためていきます。まだまだハルヒは止まらない、終わらない、ということで気を引き締めて邁進(まいしん)しますので、読者の皆様のますますのご声援をいただけば、なによりの幸いです!

 角川書店 第五編集部 スニーカー文庫編集部 上野新 

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る