久保田智子アナ:宮城出身の佐藤渚アナとポスターで駅伝ランナーに

テレビ
「全日本実業団女子駅伝2011」宣伝ポスターのモデルを務めた(左から)佐藤渚アナ、久保田智子アナ=TBS提供

 TBSの久保田智子アナと佐藤渚アナが、「全日本実業団女子駅伝2011」の宣伝ポスターに登場する。今大会は、東日本大震災復興祈念大会として従来の岐阜県から宮城県にコースを移して開催される予定で、久保田アナは局内の女性アナの中でフルマラソン最高レベルのタイムを持っており、佐藤アナは宮城県出身で、陸上競技経験があることから、今回のモデルに起用された。ポスターは、12日から1週間、首都圏を中心とした各駅の構内に掲出される。

 撮影はこのほど同局(東京都港区)6階の屋外広場で行われた。開催地で日本三景の一つ、松島に昇る朝日を背景に2人の女性ランナーがたすきをつなぐという構図で、躍動感と緊迫感を出すために、久保田アナは約30メートルを何度も全力で走り、佐藤アナも撮影地点5メートル手前から助走してたすきを受けた。

 約1時間半、21回もの撮影を終えた久保田アナは「こんなに難しいものだとは思いませんでした。お遊び半分とは思われたくなかったので真剣に走り、たすきを渡しました」と話し、佐藤アナも「カメラ映りなんて全く考えず、力走する久保田さんの差し出すたすきをしっかり受け止めることだけに集中しました」と思いを語った。ポスターの背景となる景色やコースの路面はすべて現地・松島でロケ撮影された。

 今大会は、宮城県内の松島町中央公民館前をスタートし、仙台市陸上競技場をゴールとする42.195キロの新コースで実施される。出場チームは全33チームで、今回に限り、各地区予選会で2時間30分を突破したチームが特別枠で参加する。

 佐藤アナは「宮城の方は大変な状況で頑張っているので、中途半端な気持ちではなく、とにかく真剣に、選手になったつもりでたすきを受けようとそればかり考えていました」と撮影を振り返り、久保田アナは「ほんの少しですが駅伝選手がたすきをつなぐ時の気持ちが分かったような気がしました。シンプルですがとても尊い行為だと思います」とランナーをたたえている。

 磯崎裕啓宣伝プロデューサーは「全日本女子駅伝の新しい歴史が、近い将来、宮城県そして東北地方復興の歴史を追い抜くことを信じ、祈っています。今年から新たに生まれ変わる全日本女子駅伝の応援をしていただければ幸甚です」と話している。番組は、18日午前11時50分~午後2時54分、JNN28局で生中継される。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る