MANTANWEB(まんたんウェブ)

ラノベ質問状:「精霊使いの剣舞」 上げ続けるハードルを越えていく

ブック
志瑞祐さん作、桜はんぺんさんイラストの「精霊使いの剣舞」7巻(メディアファクトリー)

 話題のライトノベルの魅力を担当編集者が語る「ラノベ質問状」。今回は、ひょんなことから、ありえないはずの男の精霊使いになってしまった主人公と個性的なヒロインたちの姿を描いた「精霊使いの剣舞(ブレイドダンス)」(志瑞祐著、桜はんぺん画)です。メディアファクトリーMF文庫J編集部の庄司智さんに作品の魅力を聞きました。

 −−この作品の魅力は?

 女の子だけができるはずの精霊契約。それをなぜかできてしまう主人公の少年と、精霊使いの少女たちが繰り広げる冒険を描いたファンタジー作品です。優勝者はひとつだけ願いがかなえられる大会「精霊剣舞祭(ブレイドダンス)」。それをめぐる、主人公と精霊使いのお嬢様たちや、主人公が契約する剣の精霊といった魅力的なヒロインたちとの人間関係やバトルの展開は、「読み出したら止まらない」と読者さんたちにも非常にご好評いただいています。もちろん、ストーリーを彩る桜はんぺん先生のすてきなイラストも注目です!

 −−作品が生まれたきっかけは?

 志瑞祐先生は今作から僕が担当させていただいたのですが、新企画を立ち上げるにあたって、「知る人ぞ知るコアな作品」ではなく、新しく、より広く読者さんを開拓していきましょうというお話をしました。現代学園ものからハードなファンタジーなどいろいろな企画案が出た中から、打ち合わせを重ねて、それぞれの良いところをもとに最終的に完成したのがこの企画です。1巻のあとがきで志瑞先生が書かれている「ラブ増量、面白さ倍増、バトル上等!」は、シリーズを通しての変わらないテーマですね。

 −−作家さんとイラストレーターさんはどんな方でしょうか?

 志瑞先生に関していちばん印象的だったのは、ヒロインの使い魔として猫が出てくるので、その取材に一緒に猫カフェに行ったときのことでしょうか……。あのときの少年のような瞳は忘れられません。また、イラストご担当の桜はんぺん先生は、ゲームで拝見していて、とても可愛らしいイラストを描かれるのが印象的だったのでご依頼差し上げました。「ファンタジーで武器とか魔法とか出てきますけど大丈夫でしょうか」という依頼に、快く「やります!」と言っていただけたときはものすごくうれしかったです。お仕事をしていても、新キャラクターのデザインもたくさん上げてくださるなど、とても作品を愛してくださっているのが伝わってきます。ドキドキするサービスシーンだけでなく、同じくらい気合が入った食事シーンのイラストも必見ですよ!

 −−編集者として、この作品にかかわって興奮すること、逆に大変なことについてそれぞれ教えてください。

 とある作家さんから、「この作品はライトノベルの教科書と言ってもいい作品で、学ぶところが大きいです」ということを言っていただいたことがあります。王道としての面白さと、この作品ならではの面白さ。それらを常に両立させて、かつ読者の方々の期待に応えるために、志瑞先生も、桜先生も、僕も毎回全力で走り続けているので、テンションは上がる一方ですね。特に4~5巻の流れは、僕も編集者としていろいろ作品を担当させてきていただいた中でも、トップクラスに「続きが読みたくなるラスト」と「前巻のラストを裏切らない最高の展開」だったと思っています。そして、その続巻はさらにその前の巻より面白いものになり続けている自信があるので……。そうやって巻を重ねるごとに上がっていく−−僕たちが上げ続けていく−−ハードルをいかに越えていくかは、大変だけどとてもやりがいがありますね。

 −−今後の展開、読者へ一言お願いします。

 「精霊剣舞祭」いよいよクライマックス!……に至る前夜ということで、8巻では読者アンケートでも要望の高い、それぞれのキャラクターの日常にスポットを当てた内容になります。もちろん、いよいよ明かされつつある“あの敵”の正体をはじめ、物語も大きく動いていきますよ! そして12年初夏より、「月刊コミックアライブ」にて、氷樹一世先生によるコミカライズも連載開始となります。もっともっと高くまでのぼり続けていく本シリーズ、今後とも応援をよろしくお願いいたします!

 メディアファクトリー コミック/ライトノベル事業部 MF文庫J編集部 庄司智

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る