MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「かぞくのくに」 70年代の北朝鮮への帰国事業を通して家族が思い合う心を描く

映画
(c)「かぞくのくに」製作委員会

 在日コリアン2世のヤン・ヨンヒ監督による最新作「かぞくのくに」が4日、公開される。これまでヤン監督は、2本のドキュメンタリー作品「Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン」(05年)や「愛しきソナ」(09年)で、父親や北朝鮮で暮らす親族らにカメラを向け、“家族”というものを撮り続けてきた。今作でも彼女のその姿勢は変わらない。ただそのスタイルが、自身の体験を基にしたフィクションであるという以外は。70年代初頭、帰国事業で北朝鮮に移住した兄ソンホが、病気治療のために3カ月間だけ日本に戻ることを許される。25年ぶりの再会を喜び合う両親と妹リエ、そしてソンホ。彼らそれぞれが抱える葛藤が静かに描き出されていく。

 帰国事業とは、59年から84年まで続けられた北朝鮮への集団移住のことで、当時、北朝鮮を“地上の楽園”とした啓蒙(けいもう)やマスコミ報道によって、日本社会での差別や貧困に苦しむ9万人以上の在日朝鮮人とその家族が北朝鮮に渡った。ヤン監督も幼いころ、その帰国事業で北朝鮮に渡る3人の兄を見送っている。

ヤン監督の分身といえる主人公リエを演じるのは、「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」(09年)や「愛と誠」(12年)に出演している安藤サクラさん。ソンホ役は今年、ARATAから改名した井浦新さん。そして両親を津嘉山正種さん、宮崎美子さんが演じる。

 北朝鮮は理解しがたい国であり、今作によって、その思いはますます強まる。だが、今作のテーマは北朝鮮のシステムについてではなく、あくまでも家族、親子、兄妹の、それぞれを思い合う心だ。それを象徴する一つが、映画の終盤で突然の帰国命令を受けたソンホのために、宮崎さん演じる母親がとる行動だ。息子を思う母の愛が痛いほど伝わってくる。4日からテアトル新宿(東京都新宿区)ほか全国で順次公開。(りんたいこ/毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る