MANTANWEB(まんたんウェブ)

黒柳徹子:ローラ“タメ口”騒動に首かしげる 「徹子の部屋」SPで再会

テレビ
テレビ朝日提供

 タレントの黒柳徹子さんが司会を務める長寿トークバラエティー番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)のスペシャル版第4弾「出張!徹子の部屋 パート4 昭和vs平成 スターお宝名鑑 3時間スペシャル」の収録がこのたび、東京都内で行われ、収録終了後、黒柳さんが取材に応じた。スペシャル版で黒柳さんは、3月に放送された同番組で“タメ口”でトークを繰り広げたタレントのローラさんと再会。黒柳さんは、ローラさんとのやり取りがインターネットを中心に話題となったことを認識しているようで「皆さんがなぜそんなに関心をお持ちになったか分からないんですけど、ツイッターがすごかったらしいですね。タメ口で話したとか何とか。私は初めから彼女を可愛くて面白い、心優しいお嬢さんと思いましたから」と首をかしげた。

 「徹子の部屋」のスペシャル版ではこれまで、黒柳さんがダンス・ボーカルグループ「EXILE」と「Choo Choo Train」のダンスにチャレンジしたり、人気グループ「嵐」のコンサートの舞台裏に潜入し「即席・徹子の部屋」を開催するなどゲストとの共演が話題となり、視聴率は第1弾が10.8%、第2弾が14.5%、第3弾が11%を記録。第4弾では、黒柳さんがドラマ「相棒」の撮影現場に潜入し、水谷豊さんと成宮寛貴さんとトークを繰り広げたり、ローラさんとペットショップや動物園を訪れる。

 ほかにも、美空ひばりさんや石原裕次郎さん、夏目雅子さん、ジャイアント馬場さん、森繁久彌さん、長谷川一夫さんら故人をはじめ、高倉健さん、王貞治さん、長嶋茂雄さん、明石家さんまさん、レディー・ガガさん、マーガレット・サッチャーさんらが出演した貴重な映像を公開し、37年にもおよぶ番組の歴史を振り返る。MCはお笑いコンビ「雨上がり決死隊」が務め、スタジオゲストとしてお笑いコンビ「ますだおかだ」や鈴木福くん、間寛平さん、名取裕子さん、土田晃之さん、コロッケさん、田原総一朗さんらが登場し、黒柳さんの“むちゃぶり”に挑む。

 黒柳さんは収録を終えた感想を「面白い番組だなって思いました。それは、出演してくださる皆さんが番組を信頼して話してくださることに尽きると思います。37年という年月の間、親子、さらにはお孫さんの代まで出演され、私に心を開いて話してくださることに、今日たくさんのVTRを見て改めて感動しうれしく思いました」とコメント。

 トーク番組を37年間続ける中で気をつけてきたことを「相手の話に集中すること。相手の方を尊敬することです」と語り、お笑い芸人に“むちゃぶり”をして右往左往させてきたことについて「私はお笑いの方たちに対して失礼なことをしていますけど、面白くないものは無理に笑えない。生まれつき正直なので仕方がないんです」とあっけらかんと話した。また、「もう一度会いたいゲストは?」と聞かれ「優しく接してくださった方々で亡くなってしまった方には、もう一度お会いしたいと思いますね。特に、憧れの長谷川一夫さんにお会いできたときは、この仕事ができて幸せだと感じました。長谷川さんだけでなく、私のことをばかにせずお話ししてくださった方たちが、今の心の支えになっていると思います」と語った。

 また、スペシャル版でゲストとして登場した水谷さんについては「本当に魅力的で大好きな方。会ったらいつもハグする“ハグ友”なんです。急きょ『徹子の部屋』ならぬ『豊の部屋』をお願いしたのですが、すごくお上手でしたね」とうれしそうに話しながら、「『相棒』で出演するなら何役?」と聞かれ「特命係の部屋付きの掃除のおばさんがいい。自分役で出演することもできます。私、“廊下俳優”って自分で言ってるんですけど、テレビ局の廊下で遭遇するという設定でドラマに出ているんです。老化じゃないですよ」と冗談を交えながらドラマ出演に意欲を燃やした。

 最後に過去の自身の映像を見た感想を「私、あんなに裸(みたいに露出した格好)で出てると思いませんでした。きっとあれが流行だったんでしょうね。ゲストの皆さんには『清純だったんですね』と言われましたが、今でも同じ気持ちでいるんですよ。大人になって上から目線になるのは嫌ですから。最近は若いゲストの方も多いですが、相手を尊敬する態度を失わずにいたいと思います」と笑顔で話していた。

 「出張!徹子の部屋 パート4 昭和vs平成 スターお宝名鑑 3時間スペシャル」はテレビ朝日系で19日午後7時から放送。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る