広末涼子:ラフな格好でにこり「女優の前に一人の女性」

「niko and…」CM発表会に登場した広末涼子さん
1 / 20
「niko and…」CM発表会に登場した広末涼子さん

 女優の広末涼子さんが12日、東京都内で行われたライフスタイルブランド「niko and…(ニコアンド)」のCM発表会に登場。ベージュのワンピースにロングニットというカジュアルなブランド服に身を包んだ広末さんは「こういう場ではヒール靴だったり、露出の高い服だけれど、今日はすごくラフにいられる、自分らしいんだなと感じてもらえたのもすごくうれしい」とリラックスした様子で語り、「女優には、美のお手本じゃなきゃいけない、完璧じゃなきゃいけないところがある。けれど、その前に一人の女性で、一人の女の子なんです」と、自身の女優というイメージへの思いを告白した。

 「niko and…」は、「人やくらしに『スタイル』を提案する」というメッセージをテーマに、レディース・メンズのアパレルはもちろん、生活雑貨までそろえるブランドで、今回が初のCM。広末さんは、映画やドラマなどで活躍し、大人の魅力があふれている女性として、CMキャラクターに起用された。広末さんは「すっごくうれしかったです。お洋服大好きなんで、ワクワクしていました」と大喜びで、「女の子の何気ない生活と自然を対比させたいと監督に言われて、未知の世界だったんですけれど、音も映像も気に入りました」と語った。

 CMでは、大自然の雪山や湖などの映像と共に、広末さんがネイルを塗ったり、掃除したり、お風呂に入ったりという日常生活の映像が流れ、女の子の素となる瞬間と対比している。「自由演技」だったという広末さんは、撮影について「本当にカメラを意識しないで遊んでほしいと言われた。靴下を選ぶのにあんなにちらかしたり、掃除しながら遊んだりは、私はしない。一生懸命掃除しちゃう(笑い)。でも、自由な日常みたいなものを表現したいと思った」と語った。

 自身の素になる時間については特に意識はしていないと言うが「一人になることがすごく少なくなってきたので、ある意味お仕事の時間が自分を見つめ直す時間。バランスがいいです」といい、自身のスタイルについては「まず自然体。頑張るのは好きだけれど、無理はしないで、でもたくさん吸収したい。自分らしくいることをいつも大切にしてますね」と、終始笑顔で語っていた。(毎日新聞デジタル)

写真を見る全 20 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る