稲垣吾郎:明智光秀役に初挑戦 主演のキスマイ玉森は大緊張

テレビ

 人気グループ「SMAP」の稲垣吾郎さんが、所属事務所の後輩グループ「Kis-My-Ft2」の玉森裕太さん主演の連続ドラマ「信長のシェフ」(テレビ朝日系、13年1月スタート)に明智光秀役で出演し、玉森さんと初共演することが26日、明らかになった。玉森さん演じるフレンチシェフが戦国時代にタイムスリップする作品で、稲垣さんは人間として魅力を感じていたという光秀役に「初めて演じることができてうれしい。お話を聞いた瞬間、すごく面白そうだなと思ったんです! ファンタジー要素の強い作品なので、今までに描かれた明智光秀とは少し違ってもいいのではないかなと思っています」と意欲を見せている。

 稲垣さんはこのほど、京都・太秦の東映京都撮影所で、玉森さん演じるケンと光秀が初めて出会うシーンなどを撮影。稲垣さんと初共演した玉森さんは「もう、ひたすら緊張です。大先輩なので……。緊張してセリフの声が上ずってしまった」と苦笑すると、稲垣さんから「でも中居(正広)君とも共演しているでしょ? もう慣れてきて緊張しないんじゃない?」と聞かれ、「いや、毎回緊張します……」と恐縮。稲垣さんは「最初は玉森君が少し緊張しているような表情だったのが印象的でしたけど、楽しそうな現場なので、次に僕が来たときにはもっといい雰囲気になって、玉森君もケンになりきっているんだろうなと楽しみにしています。頑張ってね!」とエールを送っていた。

 ドラマは「週刊漫画TIMES」(芳文社)で11年3月から連載中の同名マンガ(西村ミツルさん原作、梶川卓郎さん画)が原作。戦国時代にタイムスリップして記憶を失ったが、日本史の教養と料理に関する豊富な知識を持つフレンチシェフのケン(玉森さん)が織田信長(及川光博さん)の専属料理番となり、数々の難題に挑む姿を描く。謎の女性役の香椎由宇さんらも出演。13年1月11日から毎週金曜午後11時15分~深夜0時15分の「金曜ナイトドラマ」枠で放送予定(一部地域で放送時間が異なる)。同枠で時代劇を放送するのは今作が初めて。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る